081.案内標識【石川県】/082.案内標識【津幡町】

Dsc_0275_640_3

所在 石川県河北郡津幡町
標識コード 102〈都府県〉/101〈市町村〉
撮影 平成26年9月
路線 旧国道8号線(県道286号線)九折地内
備考 

Dsc_0268_640

事前に情報を得ていて、「発見!」のときめきがなくとも嬉しい県境の102〈都府県〉。101〈市町村〉のおまけつき。
天下の国道8号線の旧道の県境ともなれば、貫禄満点の白看が期待されるが、正直言って、どこか味の薄いこの白看。
もちろん嬉しいのは嬉しいが、字が整いすぎているというか、古い白看独特のフォントの味に乏しい。
表面も汚れてはいるが、ただ汚いだけで、汚れにも味がなく、どこか新しい。
どことなく無機的な印象を与える白看である。
もちろんこの「白看ブリグ」で3本目の貴重な102〈都府県〉なので、大変ありがたいのではあるが。

Dsc_0277_640_2 Dsc_0279_640

近くには、そう古くなさそうな「懸界」も。
切通しの低い峠の県境という立地はなかなかいいのだけれど。
とはいえとはいえ、今や白看はあるだけありがたいのだ。

| | コメント (0)

080.案内標識【杉崎駅】

L1070022_640

所在 岐阜県飛騨市
標識コード 103C
〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成20年3月
路線 旧国道41号線(県道476号線)古川地内
備考 

L1070019_640

079.案内標識【杉崎駅】のと対になる、全く同じ白看。
傷み具合など、瓜二つ。
典型的な兄弟白看でした。

| | コメント (0)

079.案内標識【杉崎駅】

L1070012_640

所在 岐阜県飛騨市
標識コード 103C
〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成20年3月
路線 旧国道41号線
(県道476号線)古川地内
備考 

L1070011_640

国道の旧道沿いの市街地にある、オーソドックスな白看。
支柱が1本、右寄りなのが若干バランス悪いが、良い意味で平凡な白看。
旧道沿いの駅前に、平凡な103C。
いいではないですか。

| | コメント (0)

078.指導標識【一時 STOP 止まれ】

Img_7062_640

所在 山形県南陽市
標識コード 408〈一時停止〉
撮影 平成18年6月
路線 県道3号線宮内駅前変則十字路

備考 2度再利用されている。

Img_7059_640_2


かつて、山形県上山市内で貴重な022.規制標識【一時止まれ STOP】を発見し、その写真が『酷道をゆく』に使用されたことがあった。
発見から2か月後、それにも劣らぬ貴重な標識が見つかった。

残念なのは022と異なり、こちらはペンキで上書きされて再利用されたものであることだった。
再利用の跡は、上段が「17km 長井 ↑」、下段が「↑ 宮内駅 200m」と読める。
長井までここから17kmもあるか疑問なので、読み違えているかもしれないが、 イメージ的にはローマ字併記のない103B〈方面・方向及び距離〉だろう。

なるほど、貴重な初代一時停止が案内標識に再利用されちゃったのかー、残念、と思いきや…、よくよく見ると、中央部にうっすらと「止まれ」の文字が読み取れる。
ということは…、さらによーく目を凝らしてみると、「宮内駅」の地の下に、「STOP」の文字が!

Img_7061_640


つまり、この標識は2度上書きされており、設置後、昭和35年12月まで「一時 STOP 停止」の408指導標識として使用された後、昭和35年の指導標識の規制標識への統合に合わせて、律儀にもデザインをそれに合わせる形で「一時 止まれ STOP」の規制標識に再利用され、さらに昭和38年3月に八角形の一時停止が廃止、お馴染みの逆三角形となった際に、一時停止の役目を終え、案内標識へと再再利用された、と推定できる。

1枚の標識にも歴史あり。
オリジナルの状態こそ保っていないが、1枚の標識のもつ歴史に思いを馳せれば、これはこれで貴重な標識といえる。

| | コメント (0)

077.案内標識【和歌山市舟大工町】

Dsc_2640_640

所在 和歌山県和歌山市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 平成29年9月
路線 国道24号線舟大工町交差点
備考 

Dsc_2639_640

076.【和歌山市西汀丁】から国道24号線を和歌山市駅に向かうと再び現れる歩道橋白看。
こちらは先の西汀丁のものと異なり、ローマ字併記が右寄りに書かれていてバランスが悪く見える。「和歌山市」のローマ字併記を省略しているところは同じ。
ひび割れというよりは、看板自体が薄くなって、歩道橋の地の色が透けて見えている。

駅に向かって歩いていただけで見つけられた、幸運な歩道橋白看2連発でした。

なお、これらの歩道橋白看、反対側には付いていない模様。

| | コメント (0)

«076.案内標識【和歌山市西汀丁】