164.案内標識【油島駅】

Dsc_0176_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 令和6/2024年5月
位置 38.797841, 141.174552
備考 消滅寸前

JR東北本線油島駅。
そう聞いてすぐに思いつく人はいないだろう、岩手県の小駅。
それを案内する白看が現存している。

Dsc_0164_1024

事前にストリートビューで確認してから現地へ向かったのだが、どうもイメージと雰囲気が違う。
道路の反対側は拡幅改良され、歩道が整備されている。
そして白看の背後にあった鬱蒼とした森は消え、辺りはすっかり開けた明るい雰囲気に変わっていた。

Dsc_0167_1024

支柱のみがポツンと取り残され、肝心の白看は一瞬撤去されてしまったかに思えたが、支柱の足元にそれは残されていた。
白看の背後にあった森がなくなったということは、反対側同様、近々こちら側も改良工事が行われ拡幅される予定なのだろう。

Dsc_0181_1024

それを示すように、白看の支柱とその奥に見える白いガードレールには、障害物の目印と思しきピンク色のリボンが巻かれている。
恐らくそのラインまで道幅が拡幅されるのであろう。

Dsc_0179_1024

工事が進めばこの白看が消滅することは必至。
それもまもなく。
白看がまた一つ消えていくことは淋しいが、道路改良は住民のためには言うまでもなく良いことであり、こうして変わっていくことは当然のこと。
諸行無常なのである。

Dsc_0173_1024

消えゆく白看をひっくり返してじっくりと眺める。
もともと相当に傷んだ白看だったため、背面も例によって錆で覆われ、全体が茶色になっている。
特段ラベルのようなものは見られない。

Dsc_0161_1024

その白看に案内される油島駅がこちら。
瀟洒な駅舎に改築されているが、国鉄時代は味のある佇まいであったに違いない。
かつて頻繁に特急や急行が往来していた東北の大動脈も、今では1時間に1本程度の長閑な普通列車が走るのみである。

| | コメント (0)

163.規制標識【高さ制限 CLEARANCE】

Dsc_0052_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 319〈高さ制限〉
撮影 令和6/2024年5月
位置 38.993618, 141.281719
備考

岩手県一関市には、貴重な旧型標識である【高さ制限 CLEARANCE】が一つのトンネルを挟んで両側に残っており、それらについては147148 で既に取り上げている。
その先の道はいよいよ暗く鬱蒼としており、昨年撮影に訪れた際に、貴重な標識を2本撮ることができたことに満足した僕は、先に進むことなくそこで引き返してしまった。
ところが、あとでその先をストリートビューで見てみると、なんと、その先のトンネルの前にも同様に、高さ制限の古びた標識がもう1本あるのを見つけてしまった。
後悔した僕はすぐにでも撮りに行きたかったが、そこは遠く離れた岩手。
再訪する機会を得られないまま1年が過ぎた。

Dsc_0053_1024

これはほんとうに「白看探しあるある」なのだが、詰めが甘いとこうなるのだ。
その先にもう1本。角を曲がってもう1本。対向車線にもう1本。
白看(旧型標識)探しでは常に肝に銘じていなければならない。

さて、1年越しにお目にかかることができたこの標識は、先の2本に比べると非常に状態が悪かった。
全体は赤茶色に錆びついており、文字も読み取れない部分がある。
普通に考えれば先の2本と同じ時期に設置されたものであろうが、この違いは設置された環境によるものなのか。

Dsc_0063_1024

文字をよく見ると「高」の文字が「梯子高」となっていない。
先の2本は「梯子高」だった。
より傷みの激しいこっちの方が新しいのだろうか…。

―僕は誤解していたのだ。
この1年のあいだ、あの2本の先にはもう1本「同じ標識」があるんだ、と思い込んでいたのだが、それは「同じ」ではなかった。
これは指導標識の404〈高さ制限〉ではなく、規制標識の319〈高さ制限〉だったのだ。
よく見れば色も図案もまるで違う。
制度上では147148の2本は昭和25年3月から昭和35年12月まで、今回のこれは昭和35年12月から昭和38年3月までの間に設置されたことになる。

Dsc_0061_1024

なぜこれだけが少し遅れて設置されたのかはわからないが、状態の悪さはこれで納得がいく。
147148の2本は琺瑯製で耐候性に優れているが、これは恐らく鉄製であるため、このように錆ついてしまっているのだろう。
余談だが、琺瑯の耐候性はこのように歴史が証明しているので、我が家の表札にも採用されているところである。

そういう訳で、これは白看ブリグに初めて登場する貴重な「規制標識」の319ということとなった。

| | コメント (2)

162.案内標識【仙台/中新田】

Dsc_5607_1024

所在 宮城県大崎市
標識コード 103B〈方向・方面及び距離〉
撮影 令和2/2020年3月
位置 38.527941, 140.946012
備考 現存せず

Dsc_5605_1024

かつて宮城県にあった白看のひとつ。
いたってオーソドックスな103-Bタイプである。
板面に取り付けられた合計12個のボルトはピカピカしており、一見するとそこは穴が開いて背景が透けているように見える。

Dsc_5604_1024

背面は「ロ」型でも格子型でもなく、珍しい「目」型。
このタイプはほとんど見たことがない。

中新田とは2005年まで存在していた町で、その後加美町と合併して消滅。
ストリートビューによれば、この白看のボルトは新しく見えたものの、撮影後まもなく撤去され消滅しており、2022年4月のストリートビューではむなしく支柱のみが写されている。

 

| | コメント (0)

161.案内標識【国見町】

L1170491_1024 

所在 福島県伊達郡国見町
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成24/2012年10月
位置 37.903207, 140.515333
備考 現存せず。

福島県の白看が続くが、お次は101〈市町村〉。
福島県から宮城県に抜ける羽州街道の峠に立っていた。
羽州街道はこの先七ヶ宿を経由し、金山峠を越えて山形県に入る。

L1170488_1024

県境なので【福島県】の案内標識も立っているが、残念ながらこちらは白看ではなく、昭和46年改正以降のローマ字併記無しの102-Aタイプに置き換わっていた。
この102-Aも少し前までは至る所で見られたが、最近では置き換えも進み、次第に見られなくなってきている感じがする。

L1170494_1024 

【福島県】の支柱はクネっと曲がり、【国見町】に寄り添うように見えて微笑ましい。
県と町との信頼関係が窺われる。

L1170489_1024 

裏から見れば【福島県】102Aも白看かと見まがうような作りと錆び方で、相当に味が出ている。
反対側から走ってくれば、〈都府県〉102と〈市町村〉101の連立かと期待してしまうだろう。

L1170496_1024

宮城県側は立派な白石城のイラスト入りのカントリーサインが堂々と立っており、これにより福島県は、東北6県のなかで最大の人口をもつ宮城県との圧倒的な違いを見せつけられた格好となっている。
…かのように見えるが、実は当時既に福島県も県のシンボル入りのカントリーサインを立てており、宮城県に敢然と対抗していたのだった。
と、そのことを書かなければ印象操作は簡単にできてしまいそうだ。

L1170497_1024

立派なカントリーサインを立てておきながらも白看を残していた福島県は偉かった。

| | コメント (0)

160.案内標識【金屋/本宮】

L1090426_1024

所在 福島県郡山市
標識コード 103B〈方向・方面及び距離〉
撮影 平成21/2009年5月
位置 37.423072, 140.416609
備考 

158.【船引/川俣】103B159.【二本松/船引】103Bに続けて、同じ日に撮った郡山市の103-B。
国道288号線の逢隈橋は現在架け替えられているが、旧橋の時代は現道と線形が少々異なってり、西詰はほぼ現道と同じだが東詰はその名残が今も旧道敷として残っている。
この白看はその旧道敷に残されている。

L1090421_1024

電柱は旧道化後に立てられたのか、白看の存在を完全に無視して図々しくもその目の前に立っている。
そのせいでこの白看を正面から見ることはできない。
そのように完全に無視されているからこそ、いまだに撤去を免れ、生き残っているともいえるが。

L1090422_1024

希少な白看に贅沢は言えないが、個人的には103-Bは吊り下げ型が好みであり、二本柱で自立しているものはどういう訳かその趣が一段劣るように思う。
自立式に似合うのは104と感じるのだが、これは全く好みの問題である。

L1090427_1024

背面は完全に錆色一色。
この雰囲気は同じ福島県内の136.【白石/新地】103Bに似ている。
残っている白看はどれも錆に覆われているもののだし、さらには同じ103-Bなのであるから似ているのは当然なのだが、その傷みの進行の仕方や、風合いというものが、どうも地域ごとに特性というか共通しているものがあるように思える。
これは感覚的なものであり、僕の先入観も入っていると思うのだが、どうもそういう気がしてならない。

L1090428_1024

もう一つ136.【白石/新地】103Bと共通しているのがこの「保証票」。
これは他に011.【蔵王温泉】105でも見られた。
「全国道路標識業協会」については136.【白石/新地】103Bのところに書いたが、「全国」という割にはこの保証票はあまり見かけない。
この白看ブリグにおいても3本目である。
KANTO-ENAMELと共に、旧型標識の背面を見た際には着目したいポイントだ。

ところでこの場所は、2022年に初めてストリートビューが公開されている。
それを見ると、白看の傍の民家と交差点先右側の商店跡はどちらも取り壊されており、商店跡は藪化しているように見え、付近の印象がだいぶ変わっている。
15年の歳月は短いようで長いのだ。

| | コメント (0)

«159.案内標識【二本松/船引】