161.案内標識【国見町】

L1170491_1024 

所在 福島県伊達郡国見町
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成24/2012年10月
位置 37.903207, 140.515333
備考 現存せず。

福島県の白看が続くが、お次は101〈市町村〉。
福島県から宮城県に抜ける羽州街道の峠に立っていた。
羽州街道はこの先七ヶ宿を経由し、金山峠を越えて山形県に入る。

L1170488_1024

県境なので【福島県】の案内標識も立っているが、残念ながらこちらは白看ではなく、昭和46年改正以降のローマ字併記無しの102-Aタイプに置き換わっていた。
この102-Aも少し前までは至る所で見られたが、最近では置き換えも進み、次第に見られなくなってきている感じがする。

L1170494_1024 

【福島県】の支柱はクネっと曲がり、【国見町】に寄り添うように見えて微笑ましい。
県と町との信頼関係が窺われる。

L1170489_1024 

裏から見れば【福島県】102Aも白看かと見まがうような作りと錆び方で、相当に味が出ている。
反対側から走ってくれば、〈都府県〉102と〈市町村〉101の連立かと期待してしまうだろう。

L1170496_1024

宮城県側は立派な白石城のイラスト入りのカントリーサインが堂々と立っており、これにより福島県は、東北6県のなかで最大の人口をもつ宮城県との圧倒的な違いを見せつけられた格好となっている。
…かのように見えるが、実は当時既に福島県も県のシンボル入りのカントリーサインを立てており、宮城県に敢然と対抗していたのだった。
と、そのことを書かなければ印象操作は簡単にできてしまいそうだ。

L1170497_1024

立派なカントリーサインを立てておきながらも白看を残していた福島県は偉かった。

| | コメント (0)

149.案内標識【下郷町】

L1040080_1024

所在 福島県南会津郡下郷町
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成19/2007年4月
位置 37.262129, 139.709826
備考 

L1040076_1024

福島県大沼郡昭和村と南会津郡下郷町との境、舟鼻峠旧道に立つ白看。
撮影は今から16年ほど前のこと。
当時も既に国道400号線のトンネルで峠を越えられるようになっていたが、この区間全体のバイパスは完成しておらず、田島方面へは国道400号線、下郷方面へは県道346号線と、それぞれ峠を越える貧弱な旧道も一応現役だった。
敢えて旧道を走ってみたところ、この白看に出会うことができた。
ここに限らず、20年~15年くらい前の奥会津はあちこちでバイパス工事をしていた気がする。
当時と今ではだいぶルートが変わってしまったところも多いのだろう。

L1040078_1024

道路は完全な1車線で、対向車が来るとちょっと困ってしまうような幅員しかない。
そこに立つ色褪せた白看。
サビサビで文字も剥がれかけ…のような白看は結構興奮するのだが、このように単に色褪せただけのような劣化は少々物足りない。
板面も101〈市町村〉は比較的シンプルであるため、どうしても味わいに欠けがちだ。

L1040086_1024

裏は101〈市町村〉に多く見られる「キ」型の補強。
錆びてはいるが、案外状態は良い。
現在この場所はストリートビューで見ることはできず、僕もその後ここを訪れていないため、この白看の消息は不明である。
旧道化した峠であり、積極的に撤去する必要もなさそうなので、現存していることを祈りたいが、青森県の青岩橋のようなこともあるので油断はできない。

| | コメント (0)

135.案内標識【宇都宮市】

Dsc_9079_1024_20230305104601

所在 栃木県宇都宮市
標識コード 101〈市町村〉
撮影 令和4/2022年12月
位置 36.561151, 139.804501
備考

133.【本宮町】134.【郡山市】と101〈市町村〉が続いたので、もう1本ついでに福島県のお隣栃木県から101〈市町村〉を。
JR鹿沼駅からJR宇都宮駅に向かう栃木県道4号線沿いに目立たずにひっそりと残されている白看。
福島の2本とは異なり、文字の青色もはっきりと残り、錆も多いが「白看」たる白い部分も残る比較的原型を保った状態。

Dsc_9077_1024_20230305104601

現場の県道はカーブしており見通しがとても悪く、かつ交通量が非常に多い極めて危険な場所。
そのうえ撮影当時、白看の手前から右方向に入る小径が工事中で、とてもクルマを停められるような状況ではなく、やむを得ず少し離れたところにクルマを停めた。
クルマを停める場所にとても苦労した白看だった。

Dsc_9081_1024_20230305104601

この白看の特徴と言えば、なんといっても「低い」ということ。
134.【郡山市】も低かったが、あちらは支柱自体はもう少し高さがあり、理由は不明だがある程度の高さのある支柱の下部に取り付けられた状態だった。
ところがこの白看は、支柱自体も低く、だいたい大人の腰より少し低いくらいに設置されている。
こんな低い標識、現役時代であっても殆ど目に入らなかったのではないかと思うが、この「白看の目立たなさ」について、これまでも本ブログにおいて何度も何度も触れてきている。

作家の阿川弘之は、1958年に自家用車で東北一周に挑んだ時の様子を「一級国道を往く」(『空旅・船旅・汽車の旅』中公文庫 2014年 収録)に記しているが、その中に次のような描写がある。
「或る標識は逆立ちしており、或る標識は赤くサビついて読めず、また或る標識はカボチャの葉にかくれてしまっていた」

今でこそ案内標識は整備され、至る所で我々を丁寧に誘導しているが、これまで見てきた白看のことも併せて考えてみると、当時の標識は設置することに意味があり、それを「見せる」という意識は希薄だったのではないかと推測される。
今から考えれば本末転倒というか、全くの片手落ちというか、当時の行政の姿勢が問われるところだが、当時は通行量も今と比べれば全然少なかっただろうから、それで足り、よく言えば長閑な時代だったのではないかと思うのだ。

Dsc_9087_1024_20230305104601

中腰になって一所懸命に写真を撮っていると、対向車のドライバーは次々に好奇と訝しさが混ざったような視線を投げてくる(気がする)。
そりゃあそうだろう。
僕はあえて角度をつけて白看の方にカメラを構え、あんたたちを撮っているのではないのだ、ということをドライバーたちにアピールしなければならなかった。

| | コメント (0)

134.案内標識【郡山市】

Dsc_9031_1024_20230226104601

所在 福島県郡山市
標識コード 101〈市町村〉
撮影 令和4/2022年12月
位置 37.476731, 140.321119
備考

133.【本宮町】101のすぐ近く、クルマで10分くらいのところに、よく似た雰囲気の101〈市町村〉がもう1本残されている。
こちらも同じく、五百川に架かる旧橋(現在車両通行止め)に通じる県道5号線の旧道敷に立っている。
フォントや錆具合など標識自体の雰囲気から立地まで、まるで133.【本宮町】101とそっくりであり、兄弟のような白看である。

Dsc_9028_1024_20230226104601

撮影の季節は冬。
冬枯れのなか、すっきりと見渡せることができるが、以前夏に訪れた時(2021年8月)には藪にまみれており、その全貌をとらえることは難しかった。

Dsc_7446_1024

白看や廃道などの探索、記録には草木が枯れた冬が好適である。
ところでこの白看、自立型の支柱に取り付けられているが、その位置が比較的低い。
普通に考えれば、クルマを走らせながら目にする標識なのであるから、もっと高い位置につけられてしかるべきだと思う。
低い位置に取り付けられた白看で、パッと思いつくのは018.【不動滝】105であるが、上部には別の標識がつけられていたのであろうか。

Dsc_9029_1024_20230226104601

133.【本宮町】101もこの【郡山市】の場合も、残念ながら反対側には対となる白看は残されていない。
片方のみが撤去を免れた理由は知る由もないが、反対側は撤去されたのではなく、案外自然に消失したのかもしれない。

Dsc_9034_1024_20230226104601

藪がないおかげで背面もスッキリ確認することができる。
こちらについても、133.【本宮町】101と同様だ。

| | コメント (0)

133.案内標識【本宮町】

Dsc_9010_1024

所在 福島県本宮市
標識コード 101〈市町村〉
撮影 令和4/2022年12月
位置 37.478742, 140.337788
備考

たくさん残っていそうで、僕はあまり見つけられていない101〈市町村〉。
今回は、昨年末に福島に行った際に撮ってきたものからいくつか。

Dsc_9003_1024

本白看で示される「本宮町」は、2007年に白沢村と合併するまでに存在した町であり、古い地名ではない。
現道から奥に入った、五百川に架かる旧橋(現在車両通行止)のたもとに立っているため、普通に現道を走っていては見つけることは困難と思われる。

Dsc_9012_1024

また、川側に大きく傾いているため、草木が繁茂している季節にはそれらに覆われて判別もまた困難であろう。
標識自体は茶色に変色しており、フォントの雰囲気は異なるものの025.【会津若松市】101 を連想させ、福島県の101〈市町村〉らしい気がする。

Dsc_9019_1024

裏側は自立型の101〈市町村〉や105〈著名地点〉によく見られるタイプ。

Dsc_9022_1024

近くには「安達地方新しい旅実行委員会」なる組織による「藤原実方朝臣と五百川物語」を紹介するパネルが石碑の傍に立てられているが、辺りには廃道感が漂い、このパネルがお子様に読んでもらえる機会は残念ながらまず、ない。

Dsc_9024_1024 

廃道感は漂っているが、白看的見地からすれば、とても雰囲気が良くかなりの好立地ではある。

| | コメント (0)

091.案内標識【長野市】

Dsc_4701_1024

所在 長野県長野市
標識コード 101〈市町村〉
撮影 令和元/2019年9月
位置 36.567724, 138.034278
備考 「雉も鳴かずば撃たれまい」の久米路橋たもと

Dsc_4696_1024

もう白看など見つけられなくなって久しいのですが、久々に初見の白看に遭遇しました。
松本方面からの帰路、R19から長野自動車道に乗ろうと抜け道を探していたところ、当初の通る予定だった道は通行止め。
やむを得ず迂回路としてこの県道70号を通って見たところ、どーんといらっしゃった。
どーんといらっしゃるわりには、あまりネット上でも見たことがなかった白看なので、嬉しい。

Dsc_4703_1024

表面は劣化が激しく、ほとんど読み取れない様子。
かろうじて「長野市」が読める。
サビやヒビといったよくある劣化とも趣が異なり、風化といった感じで、苔か何かで緑がかかった感じに熟成されている。
しかし裏側はそれほど傷んでおらず、比較的近年のタイプのようにも見れる。

Dsc_4699_1024

ネット上では見たことのない白看だったが、「雉も鳴かずば」の昔話は有名であり、その関連でここの「久米路橋」を紹介している記事が多い。
その中の久米字橋を紹介している写真に、必ずこっそり写りこんでいるのがこの白看だ。

Dsc_4705_1024

悲しいお話だが、参考までに白看とお話紹介看板とをあわせてご覧ください。

| | コメント (0)

081.案内標識【石川県】/082.案内標識【津幡町】

Dsc_0275_1024

所在 石川県河北郡津幡町
標識コード 102〈都府県〉/101〈市町村〉
撮影 平成26/2014年9月
位置 36.672059, 136.823501
備考 

Dsc_0270_1024

事前に情報を得ていて、「発見!」のときめきがなくとも嬉しい県境の102〈都府県〉。
101〈市町村〉のおまけつき。
天下の国道8号線の旧道の県境ともなれば、貫禄満点の白看が期待されるが、正直言って、どこか味の薄いこの白看。
もちろん嬉しいのは嬉しいが、字が整いすぎているというか、古い白看独特のフォントの味に乏しい。

Dsc_0278_1024_20221120224201

表面も汚れてはいるが、ただ汚いだけで、汚れにも味がなく、どこか新しい。
どことなく無機的な印象を与える白看である。
もちろんこの「白看ブリグ」で3本目の貴重な102〈都府県〉なので、大変ありがたいのではあるが。

Dsc_0279_1024

近くには、これもまたそう古くなさそうな「懸界」も。
切通しの低い峠の県境という立地はなかなかいいのだけれど。
とはいえとはいえ、今や白看はあるだけありがたいのだ。

続きを読む "081.案内標識【石川県】/082.案内標識【津幡町】"

| | コメント (0)

061.案内標識【白鷹町】

136_3664_800

所在 山形県西置賜郡白鷹町
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成16/2004年9月
位置 38.206281, 140.164630
備考 初めての遭遇。

くどいようだが、この時が白看を白看と認識して写真を撮った最初で、その2週間前には060.【清見村】101を知らずに撮っていた。
それが白看の写真を撮った初めだと思っていたが、実はそのさらに2ヶ月前に白看を撮っていたことを思い出した。
それがこの【白鷹町】の白看。
今回は知らずに撮っていたとはいえ、「標識」を意識して撮っていたため、掲載に堪える写真が残っていた。
いやー、よかった。

136_3663_800 136_3664_b800

【清見村】もこの【白鷹町】も、知らずに撮っていた白看がどちらも市町村であるのは、当時クルマで通れる程度の峠の旧道を走ることにハマっていたため。

136_3661_800

白看の反対側の標識。
残念ながら白看ではなかったが、こんなところも撮っておいたなんて、【清見村】のときとは違って、自分、GJ!

136_3672_800

当時は白看など知らなかったので、自分にとってはこのような、旧道に残る「おにぎり」のほうが発見だった。
このような行動に後の旧標識、ひいては白看集めに至る萌芽が見られる。

| | コメント (2)

060.案内標識【清見村】

Img_4088_800_2

所在 岐阜県高山市
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成16/2004年11月
位置 35.919167, 137.069698

備考 平成17/2005年11月撤去確認。現存せず。

Img_4085_800_3 

悔恨の1本。
僕が初めて白看を白看と認識して写真を撮ったのは、これまでにも何度か書いているように、この時だった。
それがその後今まで続いている白看ハントのはじまり。
だがしかし、実はその2週間程前に、僕は既に白看との出会いを偶然に果たしていたのだった。
それがこの【清見村】の白看。
当時は「白看」などつゆ知らず、単純に「旧道」を走るのが楽しくて仕方なかったとき。
「廃道」は恐くて行けないので、あくまでも車で走れる程度の「旧道」。
このときは、新潟市からはるばる三重まで行ったときで、当然全て下道、さらには出来るだけトンネルではなく、峠の旧道を通っていった。
さすがに今では真似が出来ない。我ながらよく行ったもんだ…。

…というわけで、この写真は白看を対象として撮ったものではなく、「峠に着いたぞ!記念に峠の標識のとこで1枚…」という程度のものでしかなかった。
それが後日「白看」という面白いものだと知って…。

Img_5796_800 Img_5795_800

翌平成17年、同所を再訪したが時既に遅し。
あーあ。
ちゃんと白看のこと知ってれば、あんな粗い画像をココに載せることもなかったのに。
「村」の字体もいい感じじゃないか。うー。
とはいえ、何事もはじめは常にこのようなもの。
今では白看という面白いものを知れたことを感謝しなければならない。

Imgp1327_800

「こらっ。そこの3年前の僕!そこに古そうな標識あるだろ?それがシロカンって言うんだよ!白看!ほらっ、もっと寄って撮っとけよーっ!!」

| | コメント (2)

025.案内標識【会津若松市】

 

L1020683_1024

所在 福島県会津若松市(福島県大沼郡会津美里町)
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 37.402706, 139.922699

備考 

L1020678_1024

昨日の記事で、ここんとこ白看がさらに勢いを増して撤去されている気がすることを書いていたら、なんだか自分で急に焦りを感じはじめてしまった。
そこで、他の方々が発見して既に某所に報告されている白看についても、出来る範囲内で自分の手でキチンとした写真を撮っておこうかなーと考えた。未報告だったモノのみならず、既に報告されている白看でも、自分の手で改めてキチンとした写真を撮って少しずつブリグに保存しておこうかなと。月並みだけど。
また昨年那須へ行ったときに見かけたのだが、その時は撮影できなかった白看もずっと気になっていた。

そんなことを今朝寝床でふと考えていたら、いてもたってもいられなくなり、ふらっとカメラを持って白看の写真を撮りに出かけた。ささっと米沢に出て、ささっとR121で大峠を越え、会津へ。

L1020681_1024 L1020689_1024

もう全く驚かないが、やはりすっかり茶色い。茶看だ。
遠目では背景のコンクリートに同化してすっかり目立たなくなっているが、この背景の存在が彼の延命に大きな役割を果たしているのだろう。奥に見える橋の先には現行の「会津若松市」の市町村標識が立っており、このことからも彼の存在は全く忘れ去られていることが窺える。
ま、この1本のために出かけたようなものだが、このあと某所ではお馴染みの旧R49強清水と猪苗代町内の白看を撮影し、また大峠を通って家路へ。
強清水の3本中1本は既に撤去されていた。やはり白看の淘汰は進んでいるようだ。

続きを読む "025.案内標識【会津若松市】"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧