143.案内標識【鬼怒川温泉駅】

L1060651_1024

所在 栃木県日光市
標識コード 103C〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成20/2008年2月
位置 36.821541, 139.713346
備考 現存せず

L1060643_1024

鬼怒川つながりで、141.【鬼怒川温泉駅/宇都宮】/142.【総合文化会館】と同じときに撮影した白看。
シンプルなCタイプ。
残念ながら当時は背面を撮ることまで気が回っておらず、背面は不明だが、雰囲気と表面の画像から推測するに、「ロ」型ではなく比較的近年の格子タイプであると思われる。

今はストリートビューというものすごく便利なもののおかげで、家に居ながらにその場の様子がわかるが、最新の2015年時点で既にこの白看は撤去され、新しい立派な案内標識に置き換えられてしまっていた。
ちなみに現行の標識では駅まで「300m」と案内されており、白看時代よりも200m短縮されている。
辺りの風景も結構変わっており、奥に見えた雰囲気の良い松並木もなくなってしまった様子。

| | コメント (0)

141.案内標識【鬼怒川温泉駅/宇都宮】/142.案内標識【総合文化会館】

L1060640_1024

所在 栃木県日光市
標識コード 103B〈方面・方向及び距離〉/103C〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成20/2008年2月
位置 36.831202, 139.719995
備考 1枚+1枚

L1060642_1024

鬼怒川を挟んで鬼怒川温泉街の反対側にある白看。
047.【福島県】/048.【平/野沢】のように大きな1枚の看板のようにも見えるが、上2段の103Bと下1段の103Cの2枚に分かれている。
103Bと103Cで色合いも異なっており、それらは異なる時期に設置されたものと思われる。
ここでの「総合文化会館」とは、旧藤原町が建てた藤原総合文化会館のことを指す。
藤原総合文化会館の竣工は昭和47年のこと。
おそらくは、かつては国道121号線だったこの路線に、駅と宇都宮へ案内する103Bが設置されていた。その後、白看最末期の昭和46年頃、藤原総合文化会館の竣工に合わせて103Cも追加された、と考えるのが妥当なところだろう。
さて、「総合文化会館」という案内先であるが、固有名詞ではない施設へ案内する標識は今は珍しくないと思うが、白看では珍しい。
僕が知る限り、これまで見てきた白看の案内先は皆固有名詞だったはず。

L1060629_1024

103Cの方は、後付けの割には色合いが暗くくすみ、目立たない。
よーく見ると、「会館」の下の「AN」の下に「下」と書いてあるように見える。
これが本当に「下」なのかどうか、確認するすべもないが、想像をたくましくすれば、もともとあった「鬼怒川温泉駅/宇都宮」に「総合文化会館」を追加する際に、「これは下に追加するんだからね、間違えないでね」というメモ書きだったのではないか、という推測もできるが、そんなわけないような気もする。
一方、103Bの方はもともとそう古いものではなさそうに見えるが、その色合いも含め、非常にきれいな白看の原型をとどめており、103Bの見本のような状態である。
これらはストリートビューによると、2018年時点で良い状態のままで存在しており、現存が期待できる。

| | コメント (1)

129.案内標識【水戸】

Dsc_8951_1024

所在  福島県石川郡石川町
標識コード 103C〈方面・方向および距離〉
撮影 令和4/2022年11月
位置 37.143352, 140.453858
備考

128.【水戸】103Cと対になる、クランク誘導のための白看。
こちらの方がやや傷んでいる。

Dsc_8941_1024

128.【水戸】103Cでも書いたが、古い街道筋に本当によく似合う。
晩秋の山あいの街、夕暮れ直前の時間。
僕が白看に惹かれるのは、もちろんそのモノ自体によるものはもちろん、辺りの雰囲気にぴったりとはまった時の、得も言われぬ佇まいにあると強く感じている。
「白看ブリグ」において、必ず周囲を大きく取り込んだ「引き」の写真も併せて掲載しているのはこのためである。
白看自体のみならず、その周辺の景色も含めて白看の魅力なのだと僕は思う。

Dsc_8953_1024

裏面は128.【水戸】103Cと同様に「ロ」の字型。
こちらは比較的きれい。

Dsc_8945_1024

さて、128.【水戸】103Cにて浮上した「距離改ざん問題」について、この白看ではどうだろう。

Dsc_8950_1024

マスキングが取れたのか「0」の左側が錆びて変色しているが、右側の「3」のくぼみはどう見ても後付けのものとみられることから、ここでは「110km」→「113km」修正説を採りたい。
ただ、ひとつ言えることは、128.【水戸】103Cにせよこれにせよ、かなり無理のある修正だな!ということである。
でも、たった3kmの修正も律儀に行う白看は、やはり憎めず可愛い存在である。

| | コメント (0)

128.案内標識【水戸】

Dsc_8966_1024

所在  福島県石川郡石川町
標識コード 103C〈方面・方向および距離〉
撮影 令和4/2022年11月
位置 37.143412, 140.452922
備考

以前、たまたま道に迷い068.【鮫川村/水戸】103Bを見つけ、写真に収めることができた。
後で調べると、付近にあと2本の白看が存在していることを知り、後悔したのだが、当時はスマホもナビもグーグルマップも身近ではなかったので、仕方がないと諦めた。
その068.【鮫川村/水戸】103Bの先がクランクになっており、そのクランクにて水戸を示す白看が2本立っていたのである。

Dsc_8956_1024_20221130110201

その後、それほど遠い場所ではないが再訪する機会がないまま、13年が過ぎた。
今回、近所に行く機会を得たので再訪してみると、無事にあった。撤去されずに立っていた。
良かった。
晩秋の古い街道筋に立つ白看。
日が沈む前に現地に到着。辺りは日が陰り青鼠色に染まり、奥の山々だけが夕陽に輝いている。
やや逆光気味ではあるが、とても白看に似つかわしい季節、時間帯、立地であり、その場を離れがたい。

Dsc_8970_1024

背面は「ロ」の字型。
古いものではあろうが、状態はとても良い。
ずっと見ていたいが、この場所にはもう1本あるのだ。
日が沈む前に撮らなければならない。

Dsc_8957_1024

この白看、離れがたいことをいいことに、よくよく観察すると、もともと「110km」とあったところを、マスキングにて無理やり「113km」に修正している跡が見られる。

Dsc_8965_1024

068.【鮫川村/水戸】103Bを見たときは、道路改良により距離が短縮された結果の「113km」→「110km」への修正だと思い込んでいたのだが、これを見ると「110km」→「113km」への修正の可能性も出てきた。
どっちが正解か?
これはどう見ても、後者に見えるのだけど。
どうして3km増えてしまったのだろうかと、新たな疑問も湧く。

 

| | コメント (0)

101.案内標識【古道】

Img_5866_800

所在 福島県双葉郡川内村
標識コード 103-C〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成18/2008年10月
位置 37.347884, 140.803588
その他 

Img_5869_800

ずっと昔、僕が熱心に白看を集めていたころ、福島に住む兄が撮影して送ってきてくれたもの。
バイクでのツーリング中に撮影したものとのこと。
すっかりサビサビで、これが国道番号標識(通称「おにぎり」)の場合「焼きおにぎり」などと呼ばれて親しまれているものだ。

Img_7979_800_20200808101101
参考画像(「焼きおにぎり」例)

この道、僕は実際に通ったことはないが、きれいなY字路の分かれ道なので、ここに標識が経っている意義は大きいと思う。
ただ、その視認性はここでは問わない。
そのほかは典型的な103-Cということで、終了、と言ってしまいそうになるが、もう一点着目すべき点がある。

Img_5868_800

よく見ると、この白看の足元には何やら石碑らしきものがある。
詳細は実際に見てみないとわからないのだが、ここがYきれいなY字路であることを考えると、古の道標である可能性がある。
前近代的なイメージのある石の道標と、古いものとはいえ自動車が出てきてからの白看は、なかなかイメージが結び付きにくいが、実は同じ場所に立っていることも多く、そのような事例は067.【長野/柏原】103B などに見られる。
道標と白看の二つの世代の道しるべが一度に味わえる物件は、間違いなく好物件あると言える。

| | コメント (0)

080.案内標識【杉崎駅】

L1070020_1024

所在 岐阜県飛騨市
標識コード 103C
〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成20/2008年3月
位置 36.249280, 137.169009
備考 

L1070019_1024

079.【杉崎駅】103Cのと対になる、全く同じ白看。
傷み具合など、瓜二つ。
典型的な兄弟白看でした。

L1070024_1024

そんな2枚の白看に手厚く案内されている杉崎駅はこちらです。

| | コメント (0)

079.案内標識【杉崎駅】

L1070014_1024

所在 岐阜県飛騨市
標識コード 103C
〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成20/2008年3月
位置 36.250253, 137.167663
備考 

L1070011_1024

国道の旧道沿いの市街地にある、オーソドックスな白看。
支柱が1本、右寄りなのが若干バランス悪いが、良い意味で平凡な白看。

L1070017_1024

旧道沿いの駅前に、平凡な103C。
いいではないですか。

| | コメント (0)

058.案内標識【後三年駅】

L1020906_1024

所在 秋田県横手市
標識コード 103C〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.377308, 140.573663

備考

L1020903_1024

今年の冬、家族で岩手に行ったときのもの。
このときは他に、水沢駅付近の白看群を撮ったりして、なかなかの収穫であった。
とはいえ、ほとんどが事前情報を得ていてのものだったが。

L1020905_1024

文字の色が薄い青色で、ちょっと僕の好みからは逸れる。
特に目立つことも無い国道13号線旧道に立つ白看であるが、ちょっと面白いのはその名前。
「ごさんねんえき」。
なんと、「後三年駅」と「後三年の役」が掛かっているのだ!
後三年の役とは、ずっと前にこの辺りであった戦い(←簡単すぎ)。

L1020909_1024

白看自体には特に言及するほどのことも無かったので、お茶を濁しました。

| | コメント (0)

057.案内標識【猪苗代スキー場】

L1020719_1024

所在 福島県耶麻郡猪苗代町
標識コード 103C〈方面・方向及び距離C〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 37.565304, 140.108265

備考 現存せず

L1020724_1024

056.【裏磐梯/R49会津若松】103Bの近くにある白看。
この白看も一連の会津の白看と同じ経緯で撮りに行ったもの。
白看は思いがけず自分で発見するのがもちろん一番嬉しいが、既知のものを改めて見に行き、自分の手で写真に収めるのも、また楽しい。
この白看も近くに車を停めにくかったり、道が細かったりして、近くを行ったり来たりしてしまった。
手前の巨大な青看に押されて、その存在がかすんでしまいそうだ。

L1020721_1024

この白看を見ていると、当時の、今から見ればまるっきり垢抜けないスキーウェアに身を包んだ(当時の)若者たちが、わんさかスキー場に向かっている様子が目に浮かぶようだ。

L1020717_1024

当時は鉄道がメインだったかもしれないが、この白看もそんなスキー客をたくさん導いたことだろう。
おにぎり入りほどのインパクトはない白看だが、「猪苗代」の苗の字のくさかんむりが旧字体なのがポイント。

続きを読む "057.案内標識【猪苗代スキー場】"

| | コメント (2)

030.案内標識【水沢駅】

L1030047_1024

所在 岩手県奥州市
標識コード 103C〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.139386, 141.144596

備考 現存せず

L1030039_1024

029.【水沢駅】103Cに続く、岩手県水沢駅周辺に6本ある白看群のうちの一本。
これの位置は、029.【水沢駅】103Cの反対側になる。

L1030043_1024

北側から、3/6本め。じゃんじゃん行こう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧