085.案内標識【田辺/小松原】

Dsc_2480_1024

所在 和歌山県田辺市
標識コード 103B〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成29/2017年9月
位置 33.801388, 135.526591
備考

和歌山県をレンタカーで旅行している時にたまたま発見。
ネット上での初見ではなかったが、思いがけずお目にかかれて、こういう時もとても嬉しい。
ちなみにこの時の和歌山旅行では自家用車でなかったものの、他に076.【和歌山市西汀丁】105など、思いがけない収穫があった。

Dsc_2474_1024

白看の反対側から走ってきたのだが、順光で鮮やかに照らされた錆ついた「ロ」の背面をもつオーバーハング型の標識。
これはもう白看でしかあり得ないと、すぐに道端に車を止めて撮影に。
よく見ると方式の右端は何かにぶつけられたか、折れ曲がっている。
フォントもどこか丸っこく、滲んだような印象を受ける。

和歌山の旧道は「熊野古道」のイメージもあり、森の中に貧弱な舗装の細い旧国道が細々と続いていく…、そして朽ち果てた白看や旧標識がわんさか残されていて…、とそんな想像を連想させる。

Dsc_2475_1024

実際、この先に続く旧道も、国道とは思えないような貧弱な道が暗い森の中に続いていく。
白看の立地としては非常に似つかわしく、理想的な風景。
全体的にかなりポイントの高い白看である。

Dsc_2478_1024

奥の新道がないものとして、風景を想像してみる。
細い旧道(想像の中ではもちろん現国道)をそろそろと走ってきて、先が明るい。
ああ森を抜けたな、と思うと、こんな白看(想像の中ではキレイな状態)が出迎えてくれて…。
あぁ、田辺までまだ26kmもあるのか…、まだかかるなあ。
なんて当時のドライバーの姿が見えてくるようだ。
近畿や四国はとても遠いので、滅多に行くことはできないけれど、深い森の中にはこんな白看がたくさん残っているのかもしれないなあと思うと、そちらの人々が少し羨ましくもある。
そちらのみなさま、僕はこちら新潟からネット上で楽しませていただいております。

| | コメント (0)

077.案内標識【和歌山市舟大工町】

Dsc_2640_1024

所在 和歌山県和歌山市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 平成29/2017年9月
位置 34.233810, 135.169548
備考 

Dsc_26400_1024

076.【和歌山市西汀丁】105から国道24号線を和歌山市駅に向かうと再び現れる歩道橋白看。
こちらは先の西汀丁のものと異なり、ローマ字併記が右寄りに書かれていてバランスが悪く見える。
「和歌山市」のローマ字併記を省略しているところは同じ。
ひび割れというよりは、看板自体が薄くなって、歩道橋の地の色が透けて見えている。

駅に向かって歩いていただけで見つけられた、幸運な歩道橋白看2連発でした。
なお、これらの歩道橋白看、反対側には付いていない模様。

| | コメント (0)

076.案内標識【和歌山市西汀丁】

Dsc_2636_1024

所在 和歌山県和歌山市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 平成29/2017年9月
位置 34.229744, 135.168994
備考 

Dsc_2633_1024

個人的には今ひとつ見つけても盛り上がらない歩道橋の105。
でも初見の白看を偶然見つけるのなんて、何年振りだろうか。
最近は時間やらなにやらの都合で(といういい訳をしつつ)、白看を探して旧道に入る、寄り道する、引き返す、なんてことをすっかりしなくなり、白看を探す情熱をすっかり失った僕は、オトナになったということなのでしょうか。

そんな訳で、先日和歌山方面に旅行に行った際に、たまたま見つけた白看。
クルマではなく、飛行機と電車の旅だったので、初見の白看なんて探しようもなかったが、偶然駅に向かって歩いていると、あった。
一見ただの現行の歩道橋によくある地名の案内標識のようだが、良く見ると白看独特のモザイク状のひび割れなども見られ、これは紛れもなく白看と判断した。
ローマ字は「和歌山市」の部分を省略し、「西汀丁」の部分のみ。
歩道橋によくあるパターンのこれら と異なり、ステイで固定されるタイプではなく、直接貼ってあるタイプ。

交通量のある街中にひっそりと残る白看、こうしてみるとなかなか味わい深い。

| | コメント (0)