« 001.案内標識【新潟/津川】 | トップページ | 003.案内標識【伊勢原/厚木】 »

002.警戒標識【危險 DANGER】

Img_7624_1024  

所在 山形県南陽市
標識コード 209〈危險〉
撮影 平成18/2006年9月
位置 38.154217, 140.176043

備考 現存せず

雨留井戸橋を撮った後、山形県道5号線をそのままいくと、それはそれはのどかな風景が広がっており、 懐かしい昔ながらの商店もあった。
これは懐かしいというか、実際の体験の上ではそういう世代ではないのかもしれないが、懐かしさを感じずにはいられない。
でも似たような感じの商店は、実家の近くにもよくあったなあ。

Img_7620_1024

そして前回通った際にも気になりつつも、新道でさっと通過してしまった小集落を今回もなんとなく通過しようとしたのだが、やはり気になり、ちょっと戻ってなんか無いかなーと集落内をゆっくり走っていると、一本の古そうな標識が電柱の影からヒョイと顔(背?)を出していた。

Img_7621_1024

!?

…古そうだな。
でもどうせありがちな通学路とかの標識だろうな…、と思いつつチラッと振り返ってみると…

!!

こ、これは〈危險〉ではないかっ!
〈危險〉を見るのは、山梨県御坂峠にあった014.【危險 DANGER】(山梨県河口湖町)以来じゃないか。
あの時は事前情報を得ていたから驚きも少なかったけど、今回は驚いた。
しかも、さらに希少な「険」の字が旧字体のバージョン。
まさかお隣の市にあるとは。やったね。

Img_7623_1024

支柱は木製でボロボロ。
標識本体も今にも外れそうに、風とともにキーキー揺れる。
足下に生えたネギと置かれた鍬がなんとものどかで、〈危險〉という警戒標識には全く似つかわしくない風景だ(この先道が些か急峻になることを指してのものだろうが)。

Img_7627_1024

どうせ誰も実用としては必要としていないに違いない(?)ので、そのまま持ち帰りたくなる衝動に駆られたけど、もちろん盗らずに撮ってきた。
ちなみにこの標識、制度上は昭和25年から昭和35年まで使われていたらしい。

追記
非常に貴重な標識でしたが、後年いつの間にか撤去されてしまいました。

|

« 001.案内標識【新潟/津川】 | トップページ | 003.案内標識【伊勢原/厚木】 »

09.その他の旧型標識〈警戒/規制/指示/指導標識〉」カテゴリの記事

106.山形県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 001.案内標識【新潟/津川】 | トップページ | 003.案内標識【伊勢原/厚木】 »