« 051.案内標識【平/湖南】 | トップページ | 053.案内標識【新潟/猪苗代】 »

052.案内標識【郡山/会津若松市/会津若松市】

L1020704_1024

所在 福島県会津若松市
標識コード 103A〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 37.517768, 139.991410

備考 現存せず

L1020700_1024

051.【平/湖南】103Bの近くの、強清水の1本。
比較的貴重な嬉しい103Aタイプだ。
ここ今日清水は旧49号線の要衝だったと見え、白看3本が密集しており、蕎麦屋やお土産屋も固まっている。
国道49号は立派なバイパスができており、この一角だけ取り残されているようだ。

L1020698_1024

いつものことだが、白看は今ではかなり人通りの少ない旧道にあることが多いので、写真を撮っているとかなり目立ち、不審がられる。
この時も、食堂の前を掃除していたおばさんに見られた。
天下の公道で、公共物を撮っているだけなのに、この肩身の狭さ。
それにしても、この今ではただの市道のような貧弱な道にこの立派な103Aタイプの白看。
この立地とのギャップが白看の大きな魅力のひとつ。

追記(H19.7/21)
この白看、会津若松市へのルートが2方向示されていますが、なぜわざわざ距離が長い方も示しているのか、という点が気にかかります。
もちろん、バイパスによるルート変更によるものなのでしょうが、ちょっと気になります。
普通のドライバーなら迷わず短い「9km」の方に進むはずです。
53.【新潟/猪苗代】103Bの記事で、旧R49のルートを確認していてふと思ったのですが、この区間の「滝沢バイパス」は旧道に比べ、会津若松市に向かってかなり迂回しています。バイパスというと距離が短縮されたものと思ってしまいそうですが、ここの場合はどうやら逆のようです。
即ち、距離表示の「12Km」の方がバイパスを、「9Km」の方が旧道を示しているらしいのです。
なので、単純に近道を行こうとすると、余計時間がかかってしまう可能性が高いです。
この白看は、「快適だけど遠回り?険しいけれど近道?ドッチ??」という、まさに急がば回れのような選択を迫っているのでした。
でも、あんなに迂回するバイパスなのに、旧道の険しさからその差僅か3km!
また、「滝沢バイパス」の供用開始年次が判れば、この白看の設置年次の推定もできそうです。
まあ、どうでもいいっちゃあどうでもいい追記でした。

追記2(R4.10/20)
たにつちさんから頂いたコメントにより、令和4年10月時点でこの白看も撤去されたことを知りました。
R49の名物白看もついに消滅ということになり、淋しい限りです。
僕が最後にこの白看を見たのは昨年の令和3年8月。
おおよそ昭和40年頃の設置と推測すると、約55年間もの間この地で旧道以来の国道49号線の盛衰を見守ってきたことになります。
哀悼の意を込め、最晩年の姿を大きな画像で掲載することにします。
Dsc_7463_1280

平成19年当時の画像と比較して、例えば最上段の「郡山」の矢印部分に着目すると、平成19年当時はまだ「白さ」が残っていますが、令和3年時点ではかなり青黒く変色しています。
この劣化は白看に特徴的なもので、白看から黒看(紺看に見えることもある)、そして錆看(茶看)へと変遷していくことになるようです。

Dsc_7459_1280

しかし裏側を見れば、ボルトは交換等のメンテナンスを受けているようにも見え、まだまだこの先もここに残されるような雰囲気がありました。この様子は、047-2.【福島県】101/048-2.【平/野沢】104に似ていました。
それが突然の撤去!(もっとも、白看を撤去する際にお役所はわざわざ僕に知らせてくれるわけでもないので、いつでもそれは突然なのですが)
長い間、お疲れさまでした。

Dsc_7466_1280

ちなみに、この画像も昨年令和3年8月のものなのですが、白看の足元の「手打ちそば」の看板はすっかり色褪せてしまっています。
この看板、平成19年当時はしっかり色味が残っていました。
平成に作られた看板ですら15年間でこれだけ褪色するのですから、50年以上も経ち続けている白看は、やっぱり偉いのです。

 

|

« 051.案内標識【平/湖南】 | トップページ | 053.案内標識【新潟/猪苗代】 »

03.白看103A〈方面・方向及び距離〉」カテゴリの記事

107.福島県」カテゴリの記事

コメント

brixさん、こんばんは。
新天地での生活はいかがですか?
写真の近辺は、白看が集中してますよね。
貴重なAタイプは、私も好きです。
そういえば、darkRXさんのところで
白看が無残な姿になってましたねー。
うーん、残念。

投稿: Toshi | 2007/07/09 00:34

brixさん、Toshiさんこんばんは。
どうやら恥ずかしい姿を見られてしまったようでw
味のある、かつ正統派な白看だっただけに残念で・・・
まだ放置されてるかが気になります( ̄_ ̄;

投稿: dark | 2007/07/10 00:07

ココログがトラブっていたようで、返信が送れて失礼いたしました。

>Toshiさん
もっと白看がありそげな新天地だともっと良かったのですが…(笑)
白看が多い福島県が羨ましいですね。
ただ、強清水のあたりもどんどん撤去されて行きそうですねえ…。
近々、Toshiさんが報告されていた猪苗代の白看をアップさせていただきますね。

>darkさん
お姿、しっかり拝見しました!(笑)
でも間近でブツを見るとやはり大きいものですね。
一度間近で釣下げ式の白看を見てみたいものです。
そちらの掲示板には「会津若松」のAタイプまでも撤去!
なんて情報がありましたね…。

投稿: brix | 2007/07/11 19:36

お世話になっております。
この週末、福島県の白看ロードに遠征しました。こちらの103Aは目的の一つだったのですが、、
なんと撤去されておりましたよ!

昨年まで確認されていたようなので、ごく最近の撤去のようです。
貴重な103A、会えずじまいです。。(泣

投稿: たにつち | 2022/10/18 22:52

たにつちさんこんばんは。
折角足を延ばされたのにとても残念でしたね。
でも、貴重な情報ありがとうございます。
私も昨年8月時点で確認していましたが、もう撤去されてしまったなんて。
惜しい白看がまた一つ消えてしまいました。

今回頂いた情報をもとに、最晩年の姿と併せて記事本文に追記しました。

投稿: brix | 2022/10/20 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 051.案内標識【平/湖南】 | トップページ | 053.案内標識【新潟/猪苗代】 »