« 052.案内標識【郡山/会津若松市/会津若松市】 | トップページ | 054.案内標識【上牧駅】 »

053.案内標識【新潟/猪苗代】

Shisaku01_1  

所在 福島県会津若松市
標識コード 103B〈方面・方向及び距離〉
撮影 未撮影
位置 37.518421, 139.989649

備考 darkさんお手製の画像による。現存せず。

これまで何度か触れているように、旧R49強清水には本来3本の白看があった。
しかし、今年2月に撮影に行った際には既にこの白看は撤去されていた。
自分にとって最も馴染みの深い「新潟」を示す白看だったのに、とても残念。
ここにその3本揃って掲載できずに歯がゆい思いをしていたところ、いつもお世話になっているdark的道部屋 様の管理人darkさんがこんな素晴らしい画像を作成されていたので、それを分けていただき、晴れてここに3本目を掲載!
darkさん、ありがとうございます。
僕にもこんな素晴らしいものを作れたら、あんな白看やこんな白看を……と、いろいろ妄想 想像してしまうが、既に撤去され2度と見られない白看をこのように再現することもまた、有力な白看の保存活動のうちだろう。

Shiro

また、darkさんにはこの白看の撤去後間もない頃の、こんな貴重な画像もいただいた。
無造作に051.【平/湖南】103Bの足元に放置されている。
ひょっとすると、2月に行った際にも、雪の中にはまだあったのかも…。
いずれにせよ、この写真を見る限り、051.【平/湖南】103Bの撤去も時間の問題と思われ、052.【郡山/会津若松市/会津若松市】103Aも併せて、強清水の白看が全滅する日も近いと思われる。
白看大国福島県にも白看淘汰の波は確実に押し寄せている。

Shisaku01_02 

さらにさらに!
darkさんには「新潟」の「潟」略字バージョンもいただきました。
「潟」の略字にはなぜかとっても惹かれます。
何年か前に、突如新潟市内の標識の「潟」の略字がどんどん正字に直されたときがあった。どうも、サンズイに「写」の略字は正しい略字ではなく誤用であるとの指摘があったせいらしい。
誤用だろうがなんだろうが、今でも新潟市内の古い店の看板などにはこの「略字」を見ることができる。
「とやの潟」の標識なんかもいい感じだったのになー。
ちなみに、「潟」の略字が用いられている白看には、僕の白看初体験である001.【新潟/津川】104の例がある。

追記
結局「強清水の3本」が全滅したのは2022年10月頃のことでした。

|

« 052.案内標識【郡山/会津若松市/会津若松市】 | トップページ | 054.案内標識【上牧駅】 »

04.白看103B〈方面・方向及び距離〉」カテゴリの記事

107.福島県」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、画像掲載ありがとうございます。
↓の記事の追記についてですが・・・
滝沢バイパスの開通は昭和42年秋です。
よってこの白看は昭和42年末~46年末の間の4年間に設置されたことになりますね。
ついでに「平-湖南」と「新潟-猪苗代」が同時設置だとすれば
これは昭和34年~昭和42年の間の設置である可能性が高いです。
(十六橋をバイパスするルートの開通が昭和34年のため)

滝沢峠、現道時代は未舗装+ガードレールも無いクネクネ道であり
事故が絶えなかったようですが、バイパスの開通と前後して全面的に舗装され
以来、皮肉にも事故はほぼ0に近くなったようです。
舗装路に慣れた我々には往時の苦労はあまり想像できませんね( ̄。 ̄;

投稿: dark | 2007/07/22 20:04

返信が遅れてすみません。
さすがdarkさん、かなりお詳しい!
なるほど、残りの2本はさらに古く、昭和30年代の可能性が高いんですねえ。
なおさら「潟」の字が略字ならばと思ってしまいます。
十六橋とは、前に通ったときにチラッと見えて気になった旧橋かもしれません。
今度ゆっくり見てきます。
なぜかあのあたりの旧道はノーマークでした。
滝沢峠旧道も今度通ってみたいと思います。

今回は画像と貴重な情報のご提供、ありがとうございました。

投稿: brix | 2007/07/26 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 052.案内標識【郡山/会津若松市/会津若松市】 | トップページ | 054.案内標識【上牧駅】 »