« 058.案内標識【後三年駅】 | トップページ | 060.案内標識【清見村】 »

059.案内標識【米里】

L1030028_1024

所在 岩手県花巻市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.282431, 141.318873

備考 

これも058.【後三年駅】103C等と同じく、今年の冬に岩手に行ったときのもの。
まったく白看のことなど意識しないときにひょっこり現れた。
支柱の傾き具合も「ひょっこり」感が大きい。
立派で大きく新しい「奥州市」の標識に圧倒されているが、何とか自己主張しているのだ。
なんとも健気ではないか。

L1030020_1024

さて、久しぶりに白看を見つけたのはいいが、どうも不思議な雰囲気の白看である。
その違和感の元は…、

・著名地点のような、市町村のような。
・文字が黒に近い紺色。
・看板表面の塗料のはげ具合が、白看に多く見られるヒビ状のものではない。

といったところか。
米里村というのは昭和30年まで確かにあったらしいが、それを示す白看なら「YONESATO V.」となるだろうから、これは著名地点になるのだろう(にしては小さいような気もするが)。

L1030027_1024

文字の色について、白看のもともとの仕様は、黒文字だったそうだが、黒文字のものはかなり古いものなのか、これまで見てきた白看はそのほとんどが、紺色または青色の文字である。
この白看の文字ほど黒に近いものを見たことはそうそう無いような気がする。支柱が角型なこともあり、なかなかに古そうな雰囲気を醸し出している。

L1030021_1024

次に塗料の剥げ具合について。
白看はその多くが、細かくひび割れるように劣化していくことが多い。ちょうどモザイク状に。
しかしこの白看は、弾痕のような塗料の剥げ方をしている。
弾痕のような剥げ方…といえば、コレとかコレのような、白看以外の旧型標識に多く見られる現象。
塗料の質の問題なのか、このような剥げ方の白看は非常に少ないと思う。

なんか、細かく見ていくと、全体的にかなり古そうな白看だ。
地味だけど、いろいろ見所はありそうで、先の058.【後三年駅】103Cとは対照的だ。

追記
やはり、その後琺瑯製の旧型標識なども実際に目にしてきましたが、このタイプの白看はかなり古いものと推測されます。
けなげに自己主張をしていた可愛い白看でしたが、現存はしないようです。

追記2(2023/6)
なぜか現存しないと思い込んでいたこの標識、実は現存していました。
たまたま全く意識せずに同じ道を通っていたところ、やはり「ひょっこり」この標識が顔を出していたのです。

Dsc_9395_1024

偶然の再開に喜びもひとしお、よく残っていたねとじっくり観察すると、前回見た時とどこか雰囲気が違うようです。
別の標識?!とも一瞬思いましたが、同じ場所に間違いありません。

Dsc_9400_1024

そうです。正面左肩に見られた「折れ」が修正されているのです。
もちろん折れ痕は残っていますが、だれかが手でエイやっと直してくれたのでしょうか。
しかも、前回はそぐ傍に立っている現行の「花巻市」の太く立派な標識柱よりも道路側に大きくはみ出すほど傾いていたはずなのに、それがちょうど標識柱に隠れるくらいまでの傾きに修正されているような気さえするのです。

Dsc_9383_1024

相変わらずこれが〈著名地点〉105に分類されるのか、なんとなく〈市町村〉101に分類されるのか判然としませんが、世の中白黒つかないことの方が多いことを鑑みれば、そんなことはさしたる問題ではありません。
いずれにせよ、ごみ同然に粗末に扱われてしまう白看が多いなか、これは喜ばしいことです。

|

« 058.案内標識【後三年駅】 | トップページ | 060.案内標識【清見村】 »

07.白看105〈著名地点〉」カテゴリの記事

103.岩手県」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、白看更新キター!というわけで
毎度楽しませて頂いてます(^_^)
これまた味のある白看ですね。
コレとかコレに質感が似てますね。
この手の白看は通常のものと違って表面から直接ねじ止めしてあるので
ねじ部の錆が垂れているのが特徴です。
表面の風合いはいわゆる「琺瑯」に近い感じですよね。

ところで旧市町村名のみが書かれているものでこんなものもあるようです。
(高田町も昭和30年に合併によって消滅)
同じ岩手県ですし、なにか関係があるかもしれません。

以上、全て他人のふんどしでしたm(_ _;)m

投稿: dark | 2007/11/15 00:05

darkさんこんばんは。
殆ど見る人のいないココをご覧くださりありがとうございます(苦笑)。
うーん、おっしゃるやつによく質感似てますね。
この独特な感じはいい感じですよね。

ヨッキさんが投稿された高田町のやつにもよく似ていて、大きさを考えるとやはり市町村なのかな?
とも思いますねえ。
現在もココは「奥州市」の境であり、やはりその位置からも市町村なのかも知れませんね。
確かに同じ岩手県、昭和30年の合併、関連深そうです。

投稿: brix | 2007/11/15 23:37

お二方こんにちは
久しぶりに見に来ましたら、、、
米里。。。私も先日通りました

あの周辺は似たようなボルト留めが多数有りそうですね

米里、、長距離屋的考察だと村名の表示じゃなく集落名の表示だと思っていました

千厩町千厩

後ろの方の千厩みたいな感じです

投稿: | 2007/11/16 14:16

燦さんこんばんは。
ご無沙汰しております。
ボルト止めの白看、なかなか味があってよいものですね。
もっと見てみたいものです…。

さて、この米里、市町村か著名地点か、なかなか
判断がつきかねますね~。
どうでもいいっちゃどうでもいいことなのですが、
ハタから見ればどうでもいいような「古い看板」
に拘っている我々としては、ですよねえ(笑)。

投稿: brix | 2007/11/16 23:13

ボルト留メ>>>数枚、拙サイトに貼っています

弾丸の貫通痕>>>ウマイ表現ですね

拘っている我々>>>私の場合、白看自体より白看設置場所に拘っていると云えるでしょう。古い路線に残っていますからね

このビス留め(ボルト留メ)白看は1本支柱(角)が多いようですね。105でも103Bでも同じようです。丸だと留め辛いのでしょうか。

そして、どうもご指摘通り、通常のものとインクが違うようですね。テカリかたというか。また、通常のものようなひびがないですものね

昨日は未明から神奈川へ行ってました
白看・紺看 6枚ゲット!(少なッ!( ̄▽ ̄;)

早くもUP済み♪

先週は岩手・青森で
先々週は神奈川・山梨

その前は・・・忘れた( ̄▽ ̄;)

今後ともよしなにm(__;)m

投稿: | 2007/11/19 17:31

新しく見えちゃうものはちょっと…ですけど、
こんなように、古いいい感じのもので違う雰囲気の白看ってのも、またいいもんですね。

投稿: brix | 2007/11/21 19:59

あらためて拝見すると凄い量と、広い範囲で活動されていますね。
じっくりと全部の白看板(旧標識)に目を通させて頂きました。

東北勢には負けていますが、中四国勢も掲示板を作って楽しんでいます。
既にご存知かもしれませんが、隠れ掲示板となっています。
http://haisentn.s78.xrea.com/cgi-bin/bbs2/bbs39.cgi

投稿: マフラー巻き | 2007/12/01 12:31

マフラー巻きさん、ご訪問有難うございます。
掲示板拝見しますと、西の方がまだたくさん残っているような気もしますね~。
東北勢とはいっても、僕は先達の陰に隠れて地味にやっているだけですが(苦笑)、
地味なりに地道にやっていこうと思っています。
それではこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: brix | 2007/12/01 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 058.案内標識【後三年駅】 | トップページ | 060.案内標識【清見村】 »