« 102.禁止標識【自動車通行止 CLOSED TO MOTOR CARS】 | トップページ | 104.案内標識【松本駅】 »

103.案内標識【柏原/牟礼】

Dsc_6192_1024

所在 長野県上水内郡飯綱町
標識コード 103B〈方面・方向及び距離〉
撮影 令和2/2020年8月
位置 36.735131, 138.210344
備考

Dsc_6197_1024

長野北部の山あいの分かれ道にひっそりと立つ白看。
一見して067.【長野/柏原】103B を思い出したが、後で見返してみるとそれほど似ているわけでもなかった。
単純に「柏原」という地名がそれを連想させただけだったか。

Dsc_6195_1024

しかし、裏面に何の補強もない1枚板でできているところ、それゆえ、支柱に沿って折れているところ等、類似点は見られる。
この1枚板構造は長野県の白看に特徴的なのだろうか。
また、見てのとおりどちらもかなり古いものと思われる。

Dsc_6205_1024

付近には農協の倉庫、廃業したガソリンスタンド跡、農協らしき商店、シニアカーに乗ったおばあさん、白看の周りをうろうろする僕を見つめるおじいさんなどが見られ、白看の立地としては大変似つかわしい。
天気も曇天、白看は錆び錆び、きれいな道の分岐点、それをとっても好印象の白看である。
ところで、白看の下に何やら丸い看板も見られる。

Dsc_6204_1024

やはり錆びてかなり見づらくなっているが、それはトヨタ・コロナという、とてもタイムリーなネーミングのクルマの広告のようである。
全然知らないクルマなので、wikiで見てみれば初代の発売は1957年=昭和32年とのこと。
ギブソン・レスポール・モデルのピックアップがP-90から通称「PAF」に変更された年である。
初代が発売となり、盛んに広告を打っていた頃のもの、と希望的に考えれば、相当古いものであるが、あくまでも希望的な推測に過ぎない。
ただ、白看の雰囲気から総合的に見れば、やはり昭和30年代のものではないかと僕は思う。

Dsc_62020_1024

ちなみに、この白看を撮影した後、僕は自分のクルマが釘らしきものを踏んでいることに気づき、50km離れた上越市街までなんとなく不安なまま車を走らせることになった。
この長野行きの成果、旧型標識2枚と白看3枚と引き換えに、僕はタイヤ1本を失い、約2万円強の出費となってしまったのだった。

|

« 102.禁止標識【自動車通行止 CLOSED TO MOTOR CARS】 | トップページ | 104.案内標識【松本駅】 »

04.白看103B〈方面・方向及び距離〉」カテゴリの記事

120.長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 102.禁止標識【自動車通行止 CLOSED TO MOTOR CARS】 | トップページ | 104.案内標識【松本駅】 »