« 132.案内標識【白河/長沼】 | トップページ | 134.案内標識【郡山市】 »

133.案内標識【本宮町】

Dsc_9010_1024

所在 福島県本宮市
標識コード 101〈市町村〉
撮影 令和4/2022年12月
位置 37.478742, 140.337788
備考

たくさん残っていそうで、僕はあまり見つけられていない101〈市町村〉。
今回は、昨年末に福島に行った際に撮ってきたものからいくつか。

Dsc_9003_1024

本白看で示される「本宮町」は、2007年に白沢村と合併するまでに存在した町であり、古い地名ではない。
現道から奥に入った、五百川に架かる旧橋(現在車両通行止)のたもとに立っているため、普通に現道を走っていては見つけることは困難と思われる。

Dsc_9012_1024

また、川側に大きく傾いているため、草木が繁茂している季節にはそれらに覆われて判別もまた困難であろう。
標識自体は茶色に変色しており、フォントの雰囲気は異なるものの025.【会津若松市】101 を連想させ、福島県の101〈市町村〉らしい気がする。

Dsc_9019_1024

裏側は自立型の101〈市町村〉や105〈著名地点〉によく見られるタイプ。

Dsc_9022_1024

近くには「安達地方新しい旅実行委員会」なる組織による「藤原実方朝臣と五百川物語」を紹介するパネルが石碑の傍に立てられているが、辺りには廃道感が漂い、このパネルがお子様に読んでもらえる機会は残念ながらまず、ない。

Dsc_9024_1024 

廃道感は漂っているが、白看的見地からすれば、とても雰囲気が良くかなりの好立地ではある。

|

« 132.案内標識【白河/長沼】 | トップページ | 134.案内標識【郡山市】 »

01.白看101〈市町村〉」カテゴリの記事

107.福島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 132.案内標識【白河/長沼】 | トップページ | 134.案内標識【郡山市】 »