« 156.規制標識【最大幅 MAXIMUMWIDTH】 | トップページ | 158.案内標識【船引/川俣】 »

157.規制標識【最大幅 MAXIMUMWIDTH】

Dsc_7899_1024

所在 長野県須坂市
標識コード 317の2〈最大幅〉
撮影 令和4/2022年3月
位置 36.645080, 138.303848
備考 須坂市内の〈最大幅〉5/5本目。

Dsc_7879_1024_20240204143601

須坂市内に集中的に残る〈最大幅〉の旧型標識。
本当に一体どういうことなのか、こんなにも貴重な60年くらい前のものと思われる旧型標識が、須坂市市街地に集中して5本も残されている。
153.のところにも書いたように、このような「規制標識」は白看のような「案内標識」とは異なり、その示す情報が古くなることが比較的少ない。
白看のような案内標識は市町村合併やバイパスの整備などにより、表示されている地名や距離、ルートが変わることは多いだろう。
一方、〈最大幅〉ような規制標識は、その道が主要なルートから外れてしまった場合であっても、その道が拡幅されない限りはその示す情報の内容は変わらない。
実際にここまで掲載してきた5本中4本は現在でも情報としては現役であった。

Dsc_7892_1024_20240204145101

また、吊り下げ式なども多い案内標識にくらべ、規制標識は比較的低い位置に自立して設置されていることが多いため、劣化による落下等の危険性も少ない。
そのため、設置根拠となる規則が改正されてそのデザインが変わったとしても、役所としてはコストをかけて敢えて撤去する必要がないのだろう。
事実を示している標識が、古いデザインのままだとして非難する者も少ないだろう。

とはいえ、やはりこれだけ集中的に残っていることは貴重であり、嬉しい。

Dsc_7886_1024_20240204145101

さて、一連の〈最大幅〉の最後を飾る5本目「2.4M」は5本中もっとも状態が良くきれいだ。
背も低く、可愛い。

ところで、この規制標識317の2〈最大幅〉の制定は昭和37/1962年1月のことであり、その翌年の昭和38年3月には現在に通じる丸型の標識に変更されている。
ということは、これら長方形の〈最大幅〉はわずか1年ほどしか制定されなかったということになる。
すなわちこれら5本の〈最大幅〉は、実は昭和37年から昭和38年の初頭にかけて設置されたものであると推定できるのである。
規則の改正できっちり切り替わったかどうかは疑問ではあるが、設置年代がほぼ特定できる点でも非常に貴重な317の2〈最大幅〉なのだ。

Dsc_7883_1024_20240204143601

貴重な旧型標識を一気に5本も見て、もうお腹いっぱいだ。
それにしても「MAXIMUM WIDTH」、なんてカッコいい響きなのだろう。

|

« 156.規制標識【最大幅 MAXIMUMWIDTH】 | トップページ | 158.案内標識【船引/川俣】 »

09.その他の旧型標識〈警戒/規制/指示/指導標識〉」カテゴリの記事

120.長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 156.規制標識【最大幅 MAXIMUMWIDTH】 | トップページ | 158.案内標識【船引/川俣】 »