« 160.案内標識【金屋/本宮】 | トップページ | 162.案内標識【仙台/中新田】 »

161.案内標識【国見町】

L1170491_1024 

所在 福島県伊達郡国見町
標識コード 101〈市町村〉
撮影 平成24/2012年10月
位置 37.903207, 140.515333
備考 現存せず。

福島県の白看が続くが、お次は101〈市町村〉。
福島県から宮城県に抜ける羽州街道の峠に立っていた。
羽州街道はこの先七ヶ宿を経由し、金山峠を越えて山形県に入る。

L1170488_1024

県境なので【福島県】の案内標識も立っているが、残念ながらこちらは白看ではなく、昭和46年改正以降のローマ字併記無しの102-Aタイプに置き換わっていた。
この102-Aも少し前までは至る所で見られたが、最近では置き換えも進み、次第に見られなくなってきている感じがする。

L1170494_1024 

【福島県】の支柱はクネっと曲がり、【国見町】に寄り添うように見えて微笑ましい。
県と町との信頼関係が窺われる。

L1170489_1024 

裏から見れば【福島県】102Aも白看かと見まがうような作りと錆び方で、相当に味が出ている。
反対側から走ってくれば、〈都府県〉102と〈市町村〉101の連立かと期待してしまうだろう。

L1170496_1024

宮城県側は立派な白石城のイラスト入りのカントリーサインが堂々と立っており、これにより福島県は、東北6県のなかで最大の人口をもつ宮城県との圧倒的な違いを見せつけられた格好となっている。
…かのように見えるが、実は当時既に福島県も県のシンボル入りのカントリーサインを立てており、宮城県に敢然と対抗していたのだった。
と、そのことを書かなければ印象操作は簡単にできてしまいそうだ。

L1170497_1024

立派なカントリーサインを立てておきながらも白看を残していた福島県は偉かった。

|

« 160.案内標識【金屋/本宮】 | トップページ | 162.案内標識【仙台/中新田】 »

01.白看101〈市町村〉」カテゴリの記事

107.福島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 160.案内標識【金屋/本宮】 | トップページ | 162.案内標識【仙台/中新田】 »