« 163.規制標識【高さ制限 CLEARANCE】 | トップページ | 165.案内標識【真滝駅】 »

164.案内標識【油島駅】

Dsc_0176_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 令和6/2024年5月
位置 38.797841, 141.174552
備考 消滅寸前

JR東北本線油島駅。
そう聞いてすぐに思いつく人はいないだろう、岩手県の小駅。
それを案内する白看が現存している。

Dsc_0164_1024

事前にストリートビューで確認してから現地へ向かったのだが、どうもイメージと雰囲気が違う。
道路の反対側は拡幅改良され、歩道が整備されている。
そして白看の背後にあった鬱蒼とした森は消え、辺りはすっかり開けた明るい雰囲気に変わっていた。

Dsc_0167_1024

支柱のみがポツンと取り残され、肝心の白看は一瞬撤去されてしまったかに思えたが、支柱の足元にそれは残されていた。
白看の背後にあった森がなくなったということは、反対側同様、近々こちら側も改良工事が行われ拡幅される予定なのだろう。

Dsc_0181_1024

それを示すように、白看の支柱とその奥に見える白いガードレールには、障害物の目印と思しきピンク色のリボンが巻かれている。
恐らくそのラインまで道幅が拡幅されるのであろう。

Dsc_0179_1024

工事が進めばこの白看が消滅することは必至。
それもまもなく。
白看がまた一つ消えていくことは淋しいが、道路改良は住民のためには言うまでもなく良いことであり、こうして変わっていくことは当然のこと。
諸行無常なのである。

Dsc_0173_1024

消えゆく白看をひっくり返してじっくりと眺める。
もともと相当に傷んだ白看だったため、背面も例によって錆で覆われ、全体が茶色になっている。
特段ラベルのようなものは見られない。

Dsc_0161_1024

その白看に案内される油島駅がこちら。
瀟洒な駅舎に改築されているが、国鉄時代は味のある佇まいであったに違いない。
かつて頻繁に特急や急行が往来していた東北の大動脈も、今では1時間に1本程度の長閑な普通列車が走るのみである。

|

« 163.規制標識【高さ制限 CLEARANCE】 | トップページ | 165.案内標識【真滝駅】 »

07.白看105〈著名地点〉」カテゴリの記事

103.岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 163.規制標識【高さ制限 CLEARANCE】 | トップページ | 165.案内標識【真滝駅】 »