« 162.案内標識【仙台/中新田】 | トップページ | 164.案内標識【油島駅】 »

163.規制標識【高さ制限 CLEARANCE】

Dsc_0052_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 319〈高さ制限〉
撮影 令和6/2024年5月
位置 38.993618, 141.281719
備考

岩手県一関市には、貴重な旧型標識である【高さ制限 CLEARANCE】が一つのトンネルを挟んで両側に残っており、それらについては147148 で既に取り上げている。
その先の道はいよいよ暗く鬱蒼としており、昨年撮影に訪れた際に、貴重な標識を2本撮ることができたことに満足した僕は、先に進むことなくそこで引き返してしまった。
ところが、あとでその先をストリートビューで見てみると、なんと、その先のトンネルの前にも同様に、高さ制限の古びた標識がもう1本あるのを見つけてしまった。
後悔した僕はすぐにでも撮りに行きたかったが、そこは遠く離れた岩手。
再訪する機会を得られないまま1年が過ぎた。

Dsc_0053_1024

これはほんとうに「白看探しあるある」なのだが、詰めが甘いとこうなるのだ。
その先にもう1本。角を曲がってもう1本。対向車線にもう1本。
白看(旧型標識)探しでは常に肝に銘じていなければならない。

さて、1年越しにお目にかかることができたこの標識は、先の2本に比べると非常に状態が悪かった。
全体は赤茶色に錆びついており、文字も読み取れない部分がある。
普通に考えれば先の2本と同じ時期に設置されたものであろうが、この違いは設置された環境によるものなのか。

Dsc_0063_1024

文字をよく見ると「高」の文字が「梯子高」となっていない。
先の2本は「梯子高」だった。
より傷みの激しいこっちの方が新しいのだろうか…。

―僕は誤解していたのだ。
この1年のあいだ、あの2本の先にはもう1本「同じ標識」があるんだ、と思い込んでいたのだが、それは「同じ」ではなかった。
これは指導標識の404〈高さ制限〉ではなく、規制標識の319〈高さ制限〉だったのだ。
よく見れば色も図案もまるで違う。
制度上では147148の2本は昭和25年3月から昭和35年12月まで、今回のこれは昭和35年12月から昭和38年3月までの間に設置されたことになる。

Dsc_0061_1024

なぜこれだけが少し遅れて設置されたのかはわからないが、状態の悪さはこれで納得がいく。
147148の2本は琺瑯製で耐候性に優れているが、これは恐らく鉄製であるため、このように錆ついてしまっているのだろう。
余談だが、琺瑯の耐候性はこのように歴史が証明しているので、我が家の表札にも採用されているところである。

そういう訳で、これは白看ブリグに初めて登場する貴重な「規制標識」の319ということとなった。

|

« 162.案内標識【仙台/中新田】 | トップページ | 164.案内標識【油島駅】 »

09.その他の旧型標識〈警戒/規制/指示/指導標識〉」カテゴリの記事

103.岩手県」カテゴリの記事

コメント

後からできたほうが、ホーローされていなくて、劣化が激しいとの説、初めて伺いましたが、それで説明がつくというか、納得できる例が多々ありますね。
縦型はすべてホーローではなかったという見方、改めて・・
ありがとうございます。

投稿: たにつち | 2024/05/21 00:23

あ、駄文、名前を入れるのを忘れておりました。

投稿: たにつち | 2024/05/21 00:23

たにつちさま
説、というほどのものではないのですが、
感覚的には琺瑯製は昭和30年代前半までの個体であるような印象です。
それらは現存しているものはどれも状態がいいですね。
その後大量に設置されるようになり、コストのかかる琺瑯はやめて、
鉄製になったのかと推測しています。

https://brix-sirokan.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/059_c0f8.html

琺瑯製の白看は特に味わい深いですよね。

投稿: brix | 2024/05/22 14:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 162.案内標識【仙台/中新田】 | トップページ | 164.案内標識【油島駅】 »