164.案内標識【油島駅】

Dsc_0176_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 令和6/2024年5月
位置 38.797841, 141.174552
備考 消滅寸前

JR東北本線油島駅。
そう聞いてすぐに思いつく人はいないだろう、岩手県の小駅。
それを案内する白看が現存している。

Dsc_0164_1024

事前にストリートビューで確認してから現地へ向かったのだが、どうもイメージと雰囲気が違う。
道路の反対側は拡幅改良され、歩道が整備されている。
そして白看の背後にあった鬱蒼とした森は消え、辺りはすっかり開けた明るい雰囲気に変わっていた。

Dsc_0167_1024

支柱のみがポツンと取り残され、肝心の白看は一瞬撤去されてしまったかに思えたが、支柱の足元にそれは残されていた。
白看の背後にあった森がなくなったということは、反対側同様、近々こちら側も改良工事が行われ拡幅される予定なのだろう。

Dsc_0181_1024

それを示すように、白看の支柱とその奥に見える白いガードレールには、障害物の目印と思しきピンク色のリボンが巻かれている。
恐らくそのラインまで道幅が拡幅されるのであろう。

Dsc_0179_1024

工事が進めばこの白看が消滅することは必至。
それもまもなく。
白看がまた一つ消えていくことは淋しいが、道路改良は住民のためには言うまでもなく良いことであり、こうして変わっていくことは当然のこと。
諸行無常なのである。

Dsc_0173_1024

消えゆく白看をひっくり返してじっくりと眺める。
もともと相当に傷んだ白看だったため、背面も例によって錆で覆われ、全体が茶色になっている。
特段ラベルのようなものは見られない。

Dsc_0161_1024

その白看に案内される油島駅がこちら。
瀟洒な駅舎に改築されているが、国鉄時代は味のある佇まいであったに違いない。
かつて頻繁に特急や急行が往来していた東北の大動脈も、今では1時間に1本程度の長閑な普通列車が走るのみである。

| | コメント (0)

163.規制標識【高さ制限 CLEARANCE】

Dsc_0052_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 319〈高さ制限〉
撮影 令和6/2024年5月
位置 38.993618, 141.281719
備考

岩手県一関市には、貴重な旧型標識である【高さ制限 CLEARANCE】が一つのトンネルを挟んで両側に残っており、それらについては147148 で既に取り上げている。
その先の道はいよいよ暗く鬱蒼としており、昨年撮影に訪れた際に、貴重な標識を2本撮ることができたことに満足した僕は、先に進むことなくそこで引き返してしまった。
ところが、あとでその先をストリートビューで見てみると、なんと、その先のトンネルの前にも同様に、高さ制限の古びた標識がもう1本あるのを見つけてしまった。
後悔した僕はすぐにでも撮りに行きたかったが、そこは遠く離れた岩手。
再訪する機会を得られないまま1年が過ぎた。

Dsc_0053_1024

これはほんとうに「白看探しあるある」なのだが、詰めが甘いとこうなるのだ。
その先にもう1本。角を曲がってもう1本。対向車線にもう1本。
白看(旧型標識)探しでは常に肝に銘じていなければならない。

さて、1年越しにお目にかかることができたこの標識は、先の2本に比べると非常に状態が悪かった。
全体は赤茶色に錆びついており、文字も読み取れない部分がある。
普通に考えれば先の2本と同じ時期に設置されたものであろうが、この違いは設置された環境によるものなのか。

Dsc_0063_1024

文字をよく見ると「高」の文字が「梯子高」となっていない。
先の2本は「梯子高」だった。
より傷みの激しいこっちの方が新しいのだろうか…。

―僕は誤解していたのだ。
この1年のあいだ、あの2本の先にはもう1本「同じ標識」があるんだ、と思い込んでいたのだが、それは「同じ」ではなかった。
これは指導標識の404〈高さ制限〉ではなく、規制標識の319〈高さ制限〉だったのだ。
よく見れば色も図案もまるで違う。
制度上では147148の2本は昭和25年3月から昭和35年12月まで、今回のこれは昭和35年12月から昭和38年3月までの間に設置されたことになる。

Dsc_0061_1024

なぜこれだけが少し遅れて設置されたのかはわからないが、状態の悪さはこれで納得がいく。
147148の2本は琺瑯製で耐候性に優れているが、これは恐らく鉄製であるため、このように錆ついてしまっているのだろう。
余談だが、琺瑯の耐候性はこのように歴史が証明しているので、我が家の表札にも採用されているところである。

そういう訳で、これは白看ブリグに初めて登場する貴重な「規制標識」の319ということとなった。

| | コメント (2)

追記 059.案内標識【米里】

059.案内標識【米里】

Dsc_9395_1024

なぜか撤去され現存しないと思い込んでいたこの標識。
現存していました。

| | コメント (0)

148.指導標識【高さ制限 CLEARANCE】

Dsc_9429_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 404〈高さ制限〉
撮影 令和5/2023年5月
位置 38.992949, 141.282362
備考

Dsc_9425_1024

トンネルの向こうの147.【高さ制限 CLEARANCE】を撮り終えた後、怖いトンネルを小走りに走り抜けて反対側にやってきた。
こちらにも同じものが立っている。
両端にこんな貴重な旧型標識を擁するとは、なんて貴重かつ贅沢なトンネルなのだろう。
こちらも当然反対側と全く同じものであるが、こちらの方が比較的日当たりが良いのか、赤色の帯と「3.7m」の文字は完全に褪色し、読めなくなっている。

Dsc_9419_1024

こちらは裏側もよく見えるので確認してみるが、特段文字情報はなし。
「KANTO-ENAMEL TOKYO」のロゴを期待したが、それはなかった。
標識正面のすぐ下の支柱のところには「県」の文字が見えるが、それ以下は読み取れず、何が書いてあったのか知ることもできない。

Dsc_9427_1024

すぐ近くにはやはりかなり古いものと思われる202〈屈曲あり〉が。
見慣れたもので珍しくもなんともなく感じるが、実はこれも404〈高さ制限〉と同じく昭和25年に制定されたものの一つである。
ただ、その後ずっと継続して現役であるため、全く珍しさは感じない。
しかし、一枚板でできているところから相当に古い時期に立てられたものだということはわかる。
足元のざるの上ではなにか山菜らしきものが干されていて長閑。

Dsc_9413_1024

さて、貴重な古い2枚の旧型標識が建てられているこの道路、現在は通る車もいない寂れた市道である。
しかし、このように古い標識が建てられているということは、かつては幹線道路として人々の往来を助けていたはずだ。

1975

これはお馴染み国土地理院が提供している1975年の航空写真から、同地区を切り出したものである。
画像中央右寄り上方、国鉄大船渡線をまっすぐ南北に貫いている細い道路がこの道=当時の県道19号線である。
実はこのトンネルは国鉄大船渡線との立体交差なのである。

細々と北に線路を貫いたこの道は、すぐにヘアピンカーブで180°折り返し、直角カーブを経て、今度は北から線路を貫いて北西に進んでゆく。
一方で、画像の下方では太くきれいな逆Ω型の道路を工事中の様子。こちらが現在の県道である。
この道は県道19号線の旧道だったのである。
旧道にしても現道にしても、なぜ大きなカーブを描くように画像中央部を迂回しているのかは謎だが、付近に国道はないことから、当時から県道19号線は一関市と旧大東町を結ぶ重要な幹線道路だったはず。
有名観光地である猊鼻渓に行く行楽客も多く通ったことだろう。

そう考えれば、この貧弱なこの道への手厚い標識の設置もリーズナブルなことである。

| | コメント (0)

147.指導標識【高さ制限 CLEARANCE】

Dsc_9412_1024

所在 岩手県一関市
標識コード 404〈高さ制限〉
撮影 令和5/2023年5月
位置 38.993563, 141.282317
備考

Dsc_9430_1024

白看ブリグ初登場となる、昭和25年制定の規制標識のひとつである〈高さ制限〉。
昭和35年には規制標識に統合されてしまうため、制定期間はたった10年間という、405〈静かに〉や406〈警笛鳴らせ〉同様、現存していることが奇跡的と言っても過言ではない、非常に貴重な旧型標識である。
「高さ制限」の「高」の字はもちろん「梯子高」。
「CLEARANCE」という英語表記もカッコよく、長方形の旧型標識の魅力に溢れている。
多くの長方形の旧型標識同様、琺瑯製と思われる板面は、「3.7m」の表記は薄れているものの比較的良い状態が保たれ、発色も鮮やかに残っている。
支柱が角型であることもその古さを示している。

Dsc_9410_1024_20240506155701

言うまでもなくこの立地で制限している高さというのは、この先にあるトンネルの高さのことであるが、不思議なのはそのトンネルの断面。
多くのトンネルに見られるかまぼこ型ではなく、おにぎり型というか、妙に尖った断面をしている。
実はこのトンネルの反対側にも同じ【高さ制限 CLEARANCE】 があり、この時はそっちから進んできたのだが、クルマを停めるスペースがなかったためトンネルをくぐり、その先に駐車できるスペースを見つけ、そこにクルマを停めた。
ということは、反対側の【高さ制限 CLEARANCE】〉 を撮るためには、当然徒歩にてこのトンネルを潜らないといけないことになる。

トンネルをこの身一つで潜るのは、怖い。
僕はトンネルが怖い。
出口の明かりが見通せていても、怖い。
クルマに乗ってビュッと通過するのは怖くも何ともないが、歩いて潜るのが怖いのだ。
貴重な旧型標識の撮影のため、僕は小走りにこの奇妙な断面のトンネルを走り抜けた。

| | コメント (0)

059.案内標識【米里】

L1030028_1024

所在 岩手県花巻市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.282431, 141.318873

備考 

これも058.【後三年駅】103C等と同じく、今年の冬に岩手に行ったときのもの。
まったく白看のことなど意識しないときにひょっこり現れた。
支柱の傾き具合も「ひょっこり」感が大きい。
立派で大きく新しい「奥州市」の標識に圧倒されているが、何とか自己主張しているのだ。
なんとも健気ではないか。

L1030020_1024

さて、久しぶりに白看を見つけたのはいいが、どうも不思議な雰囲気の白看である。
その違和感の元は…、

・著名地点のような、市町村のような。
・文字が黒に近い紺色。
・看板表面の塗料のはげ具合が、白看に多く見られるヒビ状のものではない。

といったところか。
米里村というのは昭和30年まで確かにあったらしいが、それを示す白看なら「YONESATO V.」となるだろうから、これは著名地点になるのだろう(にしては小さいような気もするが)。

L1030027_1024

文字の色について、白看のもともとの仕様は、黒文字だったそうだが、黒文字のものはかなり古いものなのか、これまで見てきた白看はそのほとんどが、紺色または青色の文字である。
この白看の文字ほど黒に近いものを見たことはそうそう無いような気がする。支柱が角型なこともあり、なかなかに古そうな雰囲気を醸し出している。

L1030021_1024

次に塗料の剥げ具合について。
白看はその多くが、細かくひび割れるように劣化していくことが多い。ちょうどモザイク状に。
しかしこの白看は、弾痕のような塗料の剥げ方をしている。
弾痕のような剥げ方…といえば、コレとかコレのような、白看以外の旧型標識に多く見られる現象。
塗料の質の問題なのか、このような剥げ方の白看は非常に少ないと思う。

なんか、細かく見ていくと、全体的にかなり古そうな白看だ。
地味だけど、いろいろ見所はありそうで、先の058.【後三年駅】103Cとは対照的だ。

続きを読む "059.案内標識【米里】"

| | コメント (8)

034.案内標識【朝日橋】

L1020973_1024

所在 岩手県花巻市
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.387284, 141.127145

備考 現存せず

L1020969_1024

瀬川橋の西側の親柱の写真を撮っていると、モニターに黒くて四角い影が入り込む。
一旦モニターから目を離し、確認してみればそれは古そうな看板の裏。
もしやと思い回り込んでみればそれは白看!
目の前の重厚な旧橋にすっかり気を取られ、白看の存在に全く気がついていなかった。
白看は道路側を向いており、親柱のところに行く前に絶対目に入りそうな場所に立っているにもかかわらず。
やっぱり古びた白看って目立たない。

L1020979_1024

そもそも情報を発信してやるぞ!という気迫がまるでなくなってしまっている。
市街地では背景のごちゃごちゃにまぎれ、平野部では背景の曇り空にまぎれ、山間部では背景の木や土の色にまぎれる。
だがその佇まいこそが、現代のオレがオレが!という看板群に比べて実に奥ゆかしく、魅力。
さすがに旧橋と白看のゼイタクな組み合わせは想定していなかった。

 L1020974_1024

考えてみれば古い橋の傍に古い標識である白看、というのはごく自然なシチュエーションではあるが、これまでそういったゼイタクな物件には遭遇したことがなかった。
いや、過去に一度020.案内標識【鬼無里】の時に逆の思いをしたことがあるな…。
表面はかなり劣化し、実に味のある白看。本体は柱に括りつけてあるようだ。
しかし、この老いた白看も瀬川橋の過去は知らないと見え、やはりふたつの橋をまとめて「朝日橋」であると案内している。

続きを読む "034.案内標識【朝日橋】"

| | コメント (0)

033.案内標識【高橋/国道4号線】

L1030080_1024

所在 岩手県奥州市
標識コード 103B〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.128145, 141.141521

備考 現存せず

L1030074_1024_20230319223101

032.【水沢駅/仙台/盛岡】103Aに続く、岩手県水沢駅周辺に6本ある白看群のうちの一本。
これは他の白看からは少し南に離れた場所にある。

L1030078_1024_20230319223101

ほらっ、全国の高橋さん!白看に載ってますよっ!!7kmですよっ!!  いいなぁ…。
欲を言えば、「国道4号線」というのがおにぎり表記だと最高だ。
残念ながら、この交差点の反対側や東西には白看はない。

L1030086_1024

北側から数えて最後の6/6本目となる。
まさに白看のサンプルたちが集結している岩手県水沢駅周辺、素晴らしい!
一度に6本も白看を見て、さすがにもうお腹いっぱいだ。

| | コメント (4)

032.案内標識【水沢駅/仙台/盛岡】

L1030064_1024

所在 岩手県奥州市
標識コード 103A〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.137063, 141.143196

備考

L1030055_1024

031.【盛岡/仙台】103Bに続く、岩手県水沢駅周辺に6本ある白看群のうちの一本。
比較的数が少ないAタイプである。
これの位置は、031.【盛岡/仙台】103Bの反対側になる。
水沢駅周辺は白看が集中しているのに留まらず、このようにそのバリエーションが広いところが「白看のメッカ」たる所以なのである。
Aタイプは大きさ、文字の混み具合により迫力がある。カッコイイ!

L1030058_1024

北側から、5/6本め。あと1本だ。

| | コメント (0)

031.案内標識【盛岡/仙台】

L1030052_1024

所在 岩手県奥州市
標識コード 103B〈方面・方向及び距離〉
撮影 平成19/2007年2月
位置 39.137294, 141.143395

備考 現存せず

L1030048_1024

030.【水沢駅】103Cに続く、岩手県水沢駅周辺に6本ある白看群のうちの一本。
シンプルなBタイプ。
交差点での撮影は停車中のドライバーにじろじろ見られるし、余計な人や車が画面に入るから結構気を使う。

L1030054_1024

背面は「口」型で、支柱も典型的な白看のそれ。
まさに白看のサンプルのような白看(フォントがやや最近っぽいかな?)。

北側から、4/6本め。どんどん行こう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧