140.案内標識【青岩橋】

Dsc_9275_1024_20230507102701

所在 青森県三戸郡三戸町
標識コード 105〈著名地点〉
撮影 令和5年/2023年5月
位置 40.345464, 141.275024
備考

白看ブリグ初となる青森県の白看は、白看的に有名な、旧国道4号線青岩橋から【青岩橋】。
岩手と青森との県境に架かるこの橋の付近には、かつて【青森県】101をはじめとして、両県合わせて6本のも白看が集中していたという。
その後、何本かは撤去され、直近の2019年のストリートビューによれば、この【青岩橋】ともう2本、【盛岡/福岡】と【青森/十和田】のそれぞれ104が残っている様子。

Dsc_9270_1024

今回青森県に行く機会を得たため、これら3本を見るのを楽しみに、現地に向かった。
現道の国道4号から旧道に入るとすぐに【盛岡/福岡】が撤去されていることを知る。残念だが仕方ない。
次に現れる【青岩橋】は、上の写真ではわかりにくいが、街灯のたもとに現存しているのを確認。
草木はまだ勢いがないが、風に揺れ、白看も比較的高い位置にあるため写真が撮りにくい。腕を伸ばして何とか撮影する。

Dsc_9262_1024

さらにこの道の先の現在車両通行止めとなっている青岩橋のたもとには【青森/十和田】があるはずなのだが…。
クルマを降りて徒歩で進むと、行き止まりには黒いレンタカーが1台停まっており、珍しく先客がいる様子。
先客に一声挨拶をかける。

Dsc_9274_1024

果たしてそれは撤去されていた。
残念だが仕方ない。付近の地面もよく確認したのだが、板面はもちろんのこと、支柱の跡すら確認できなかった。
先客と思われる男性は、どうも白看目当てではない様子で、同業者ではなかったらしい。

Dsc_9272_1024

さて、【青岩橋】であるが、034.朝日橋105 では「ASAHIBASHI BR.」としていたところ、こちらは「SEIGAN BRIDGE」としており標記の仕方に違いがみられて面白い。
裏面は錆で真っ黒。支柱は比較的珍しい角型。
かなり古い時代から、東北への大動脈である国道4号線を見守ってきた白看だが、今はこの1本を残すのみ。
おそらく他の白看に比べ目立たないことと、吊り下げ式ではないために危険性が少ないことからか、撤去を免れている。

15年くらい前、青森、岩手は白看大国、いくらでも白看が残っているイメージがあったが、淘汰の波はみちのくの深くまで容赦なく及んでいるのだった。

| | コメント (0)