118.案内標識【白河/大谷牧場/千振 国道4号線】

Img_6250_1024   

所在 栃木県那須郡那須町
標識コード 103の2〈方面及び方向〉
撮影 平成18/2006年3月
位置 37.108948, 140.081134
備考 所謂「紺看」。現存せず。

Img_6244_1024

前回の117.【関川 黒川/胎内スキー場 熱田坂】ついでに、同様の「ペンシル型」かつローマ字併記なしの紺看をもうひとつ。
撮影時期も前回の紺看と同時期。
逆光気味でドライブしていると、特徴的なオーバーハング型白看のシルエットが。
支柱が直角に交差しているタイプと、これのように一体型でカーブしているものがあるが、どちらも旧い標識であることが多い。
期待して近づいてみるが残念ながら紺看であった。
とはいえ、画像データを振り返ると、この時のドライブではほとんど白看の収穫を得られていなかったため、一応撮影しておいたらしい。

Img_6251_1024

青色の色味は暗く沈み、良い雰囲気ではある。
支柱はサビサビで茶色く変色しており、一目で旧いものとわかる。
ずっと撮影した場所が判らなかったが、今ではグーグルマップ及びストリートビューといった極めて便利なものがあるため、場所も特定できた。
今回場所の特定のためにストリートビューを確認してみると、この標識も2014年時点で既に撤去されてしまっていたようだ。
当時はほとんど価値を感じられなかった紺看も、令和の今では貴重なものとなっている模様。

| | コメント (0)

117.案内標識【関川 黒川/胎内スキー場 熱田坂】

Img_6517_1024

所在 新潟県胎内市
標識コード 103の2〈方面及び方向〉
撮影 平成18/2006年3月
位置 38.034005, 139.468540
備考 所謂「紺看」。現存せず。

Img_6519_1024_20221126204201

「新しい」白看を見つけることができなくなって久しいため、古いアルバムから、少し珍しいものを。
これは白看よりも少し後の時代の所謂「紺看」と呼ばれるもの。
白看を見分ける最大の特徴は、その名の通り地の色が白色であることだが、この地の色は昭和37年の省令改正により、「方面及び方向」のみ青色となった。
その際に矢印は、鉛筆の先のような「 〉」型となり、「ペンシル型」などと通称されたりもしている。
その後、昭和46年の省令改正により全ての案内標識の地の色が青色に統一されるとともに、ローマ字併記が廃止され、矢印は元の「⇒」型に戻り、白看は廃止された。(以上国土交通省HP「わが国の道路標識の歴史」より)
と、小難しい変遷を前置きしたうえでこの標識を見るに、地の色は青で矢印は「ペンシル型」だけれどローマ字併記はない、昭和37年から昭和46年の間の過渡期の仕様となっている。

Img_6518_1024

白看でもないのにあえて掲載するのは、他の白看もどきと同様、白看ブリグにおけるネタの水増しという狙いもあるが、裏面は「ロ」型であり、白看時代の雰囲気を色濃く残しているからである。
最初に遭遇したのが裏側からであれば、だれもが白看であることを期待するはずだ。
近くには021.【宮久/胎内スキー場】103Bも過去には存在していたが、それも一見「白看風」だが、ローマ字併記がないものだった。
どうも胎内市内の「白看」は中途半端である。

Img_6516_1024_20221126204201  

先にある日本石油のガソリンスタンドの看板も、今では懐かしい。
ちなみに当時使っていたカメラはキヤノンのIXY200aという200万画素のデジカメ。隔世の感がある。
春の夕暮れ、新潟から山形の実家に引っ越しする途中に出会った趣深い紺看であったが、現存はしていないようだ。

| | コメント (0)